公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2940

引きこもり支援へ・全力!要望を伺う(東京都)

夕方国会事務所にNPO法人全国ひきこもりKHJ親の会の方々が来訪。要望を伺う。 全国KHJ西東京 井出 宏会長・KHJ埼玉けやきの会家族会 田口ゆりえ代表理事のお二人。下記要望。   1.精神疾患についての偏見や差別をなくす啓発活動を行政が強力に国家的事業として位置づけて行ってほしい。 2.現状の引きこもり支援センターの改善 3.精神科医育成と人員の増員 4.精神科医療・保健の改善 5.親・家族(……つづきを読む

No.2939

「秋入学導入の検討状況と今後の課題について」東京大学からヒアリング(東京都)

文部科学部会と学生局合同会議が開催。 「秋入学導入の検討状況と今後の課題について」佐藤東京大学副学長(理事)や文科省・厚労省から説明を受ける。 【秋季入学導入の移行の意義】 ①国際的な学生の流動性の向上 ②学事歴の見直しによる教育の効率性の向上 ③ギャップタームを活用した学習体験の豊富化 ④社会へのインパクト(グローバル化推進等) 【秋入学の課題】 ①家計負担の増大と教育機会の均等をめぐる課題 ②……つづきを読む

No.2938

4次補正予算が成立/山本(博)氏が質疑、石川氏が賛成討論 公明推進の政策反映/「ハート購入法」制定など障がい者福祉の充実迫る

 <これまでの活動記録> 東日本大震災で被災した中小企業や農業・漁業者の二重ローン対策などを盛り込んだ2011年度第4次補正予算が8日の参院本会議で、与党と自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。 4次補正予算は総額2兆5345億円。公明党の推進で自公政権時代に創設された「安心こども基金」「妊婦健康診査支援基金」「障害者自立支援対策臨時特例基金」の継続をはじめ、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球……つづきを読む