公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2011年9月の記事

No.2637

離島住民の安心確保/山本(博)氏 岡山・笠岡諸島を視察

 <これまでの活動記録> 公明党離島振興対策本部(遠山清彦本部長=衆院議員)の山本博司事務局長(参院議員)は12日、岡山県笠岡市を訪れ、市庁舎で高木直矢市長と懇談したほか、瀬戸内海の笠岡諸島・北木島を視察した。小山明正・笠岡市議が同行した。 七つの島からなる笠岡諸島で最大の北木島で山本氏らは、同諸島を中心として島内バスの運行や通所介護事業などを行うNPO法人「かさおか島づくり海社」の鳴本浩二理事長……つづきを読む

No.2636

震災復興・防災・救急医療等に対応できる多目的ヘリポート(東京都)

夕方、ドクターヘリ全国配備推進PT合同会議を開催。 「震災復興・防災・救急医療等に対応できる多目的ヘリポートの必要性について」の講演。  講師は、中日本航空(株)石黒部長・朝日航洋(株)立澤主任研究員など。下記講演内容。 1.災害対応用ヘリポートの整備の必要性 *東日本大震災で多数のヘリが捜索、救援、医療、物資輸送に投入、初動の機能を発揮した。しかし、着陸可能な空地を探しつつの任務遂行や瓦礫を撤去……つづきを読む

No.2635

消費者庁・消費者委員会の概要ヒアリング(東京都)

消費者問題特別委員長となり、終日消費者行政全般のヒアリング。 午後は 【消費者庁(松田次長、各担当課長など)】 ・消費者庁の概要、訴訟制度の創設、消費者教育の推進 ・国民センターの在り方の見直し、食品表示の制度、生食用食肉に係る表示基準の策定、東日本大震災への対応状況 悪質商法・偽装表示等の被害を受ける消費者が続出。さらに製品による不慮の消費者事故が表面化した中、消費者庁がスタート。 消費者庁は発……つづきを読む

No.2634

JA全中(全国農業協同組合中央会)からの復旧・復興への第3次要請(東京都)

全国農業協同組合中央会(JA全中)の萬歳会長・飛田副会長・岩手県・福島県など被災地のJAグループの方々が要望に来られる。 公明党は山口代表・松あきら副代表などのメンバーで伺う。 第3次補正予算にむけ、活力ある農業・農村づくりに向けた復旧・復興に向けての内容。 萬歳会長や被災地のJA会長から政府のあまりにも遅い対応・風評被害に苦しむ被災地の切実な状況を伺い下記な内容の支援を要望される。 1.復旧・復……つづきを読む

No.2633

参院委員長に公明2氏/法務・西田、消費者・山本(博)氏

記事分類

 <これまでの活動記録> 参院は13日の本会議で、新たな常任委員長の人事を決めた。このうち公明党からは法務委員長に西田実仁氏が就任した。 また、本会議では、7特別委員会の設置を決定。その後開かれた消費者問題特委で、公明党の山本博司氏が委員長に互選された。2氏の略歴は次の通り。 【法務】 西田実仁氏(にしだ・まこと)党副幹事長、同広報局長、同国際局次長、同埼玉県本部代表。参院2期。慶応義塾大学卒。4……つづきを読む

No.2632

第178臨時国会開幕・消費者特別委員長就任(東京都)

本日から第178臨時国会が開幕。4日間の会期とうい短さ。熟議の国会が聞いてあきれる。被災地の復興支援、円高対策など課題山積の中、国会を早期に占める野田内閣の姿勢が問われる。 議員総会で山口代表中心に国民の側に立ち闘う党公明党をアピール。 本日、消費者問題特別委員会の委員長に選任された。開会式では中央広間にて衆参の委員長・調査会長らが、天皇陛下の御送迎を賜る。 引き締まる思いで、全力で消費者行政に取……つづきを読む

No.2631

NPO法人かさおか島づくり海社を視察 (岡山県笠岡市北木島)

NPO法人 かさおかしまづくり海社を視察。鳴本理事長・藤原事務長らと意見交換。 笠岡市のバックアップで通所介護事業、保育、島内移送、定住促進事業など行政が出来ない部分に取り組む活動は先駆的モデル。 スタッフは35名。以下事業内容 ・通所介護事業は北木島で2か所、白石島で1か所、真鍋島1か所の4か所。今後お泊りなどサービスの拡充を図る予定。 ・有償運送事業乗用車を使用して島内の移送事業 ・幼児育成事……つづきを読む

No.2630

離島振興へ全力!北木島での島民懇談会  (岡山県笠岡市北木島)

笠岡諸島は瀬戸内海のほぼ中央に位置し、大小30余り。有人島は7島。人口は7島で約2,600人。 笠岡市伏越港から金風呂丸フェリーで約50分かけて、笠岡諸島の北木島(金風呂港)へ。 北木島は7つの島では面積、人口とも最大の島。人口は645世帯 1085人。小学校・中学校は1つずつある。 港待合室で島民の方々と懇談。医療、介護、防災など身近な生活の課題・要望をお聞きする。 2007年4月に初めて訪問し……つづきを読む

No.2629

高木笠岡市長と離島振興などで意見交換(岡山県笠岡市)

早朝品川駅から新幹線に乗り岡山県笠岡市へ。 笠岡市(かさおかし)は岡山県南西部の瀬戸内海沿岸の港町で、大小31の島々からなる笠岡諸島を含む井笠地方の中核都市である。人口約5万5千人。 笠岡湾開拓地と天然記念物カブトガニの生息地として有名で、生息地の保全などを通して保護に力を入れている。 地元小山市議と市内・新横島地内がけ地へ。 急傾斜地は露出した花崗岩に亀裂が生じ、落石の危険個所。 大雨時など落石……つづきを読む

No.2628

関東愛媛県人会 秋の大園遊会(東京都)

本日は大震災から6か月。 いまだ8万人以上の方々が避難生活をされている。心のケア、生活の再建、共同体の再生、産業の復興など課題は山積している。一刻も早く、復旧・復興へ、政治が全力投球せねばならない。 さらに本日は同時多発テロから10年。不信と憎悪の連鎖を断つ、不断の努力が求められる。 松山空港から上京。午後から関東愛媛県人会・秋の大園遊会に出席。 橋本関東県人会会長挨拶の後、来賓紹介。来賓を代表し……つづきを読む