公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2466

B型肝炎訴訟全面和解へ!道筋を検討 (東京都)

午後から『自公肝炎対策に関する勉強会』が開催。 B型肝炎訴訟について、政府の基本方針について細川大臣・大塚副大臣から説明を聞き、意見交換。 提訴原告のみならず、今後訴訟を提起する方々への対応も含め、全面解決へ最後の段階。与野党とわず、和解へ取り組んでまいりたい。 第9回環境部会・浄化槽整備推進議員懇話会合同会議が開催され、社団法人 水環境推進機構 立野理事長から要望を伺う。 夕方には福島第一原発災……つづきを読む

No.2465

離島の暮らしを支える/党対策本部 振興計画などで議論

記事分類

 <これまでの活動記録> 公明党の離島振興対策本部(遠山清彦本部長=衆院議員)は22日、衆院第1議員会館で2003年に施行された現行の離島振興法に基づく離島振興計画のフォローアップ(最終報告)について、国土交通省から説明を受け、意見を交わした。 席上、国交省は、離島振興策に関して、社会資本整備総合交付金を活用して航路の運賃負担を約20%軽減する長崎の取り組みなどの現状を説明。 出席議員からは、「他……つづきを読む

No.2464

正確な知識の普及必要/党放射線影響プロジェクトチームで山下氏

 <これまでの活動記録> 公明党の放射線による健康への影響に関するプロジェクトチーム(PT、座長=加藤修一参院議員)は21日、参院議員会館で、福島県健康管理調査検討委員会で座長を務める山下俊一・長崎大学大学院医歯薬学総合研究科長と、原発事故に伴う住民の健康対策について意見を交わした。 山下氏は、今後の福島県民の健康調査について、概要を説明した。また、放射性物質に関する正確な情報発信の必要性を指摘。……つづきを読む