公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2232

さらなる離島振興へ!第5回離島振興対策本部(東京都)

公明党離島振興対策本部(本部長:遠山衆議院議員)の第5回目の会合が開催された。 「平成23年度 離島振興関係予算」「公明党離島振興ビジョン」について、各省庁からヒアリングをし、意見交換を進めまた。 「医療、介護、年金、教育、環境、情報通信、交付税などの財源等々」あらゆる離島の課題など公明党のビジョンの即しての熱い議論。 様々なハンディを背負っている離島の方々の支援に全力で頑張る決意である。

No.2231

政権初の党首討論。山口代表が明快に民主党菅政権をバッサリと斬捨て(東京都)

政権初となる党首討論が16時から開催された。公明党から山口代表が菅首相と直接対決。 マニフェストの破たんを具体的に追及。 年金の一元化・最低保障などやマニフェスト財源のいい加減さを歯切れよく指摘する。 さらに社会保障の民主党案を示せ!と追及。菅首相は真正面から答えず、逃げるのみ。言い訳で大変に見苦しい。 政治と金の小沢問題もまったく無責任な対応。山口代表は菅総理を「決意もリーダーシップもない」とバ……つづきを読む

No.2230

持続可能な社会保障へ!調査会で国会質問(東京都)

午後から「国民生活・経済・社会保障に関する調査会」が開催。テーマは「持続可能な経済社会と社会保障の在り方について」。本日は厚労省、文科省、経済産業省から説明を受け、質疑。 下記3点質問する。 ①厚労省(大塚副大臣) ・「社会保障改革に関する集中検討会議」の顔ぶれをみると、自公政権当時の議論の中心的なメンバーが数多く参加されている。これは、自公政権の組み立ててきた政策、方向性を継承しているといえるの……つづきを読む

No.2229

「豪雪被害・霧島連山・新燃岳の噴火災害の提言」災害対策本部にて(東京都)

公明党災害対策本部(木庭対策本部長)が開催。山口代表、井上幹事長が出席し、現地視察の報告と共に公明党としての下記の政策提言。 「14項目の豪雪被害に関する緊急提言・12項目の霧島連山・新燃岳の噴火災害の提言等」を政府に提出。早急な対策を求めた。 【豪雪被害に関する緊急提言】 1.特別交付税の増額配分の支援措置と予備費の活用 2.災害救助法適用による要援護者世帯除雪援助の限度額引上げ 3.災害救助法……つづきを読む

No.2228

子育て新システムに懸念/党保育所懇話会 関係団体の意見聞く

 <これまでの活動記録> 公明党の私立保育所のあり方を考える懇話会(坂口力会長=副代表)は8日、衆院第2議員会館で会合を開き、政府が今国会に提出する予定の「子ども・子育て新システム」に関する法案に対して日本保育推進連盟から要望を受けた。 この中で同連盟側は、新システムが導入されることで、民間企業などの参入ができるようになり、(1)保育が産業化され、格差が生じる(2)利益優先になり、保育の質が低下す……つづきを読む