公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2188

予算案は中途半端/石井氏 景気・経済で論戦挑む/愛媛県

 <これまでの活動記録>

統一地方選の予定候補者を紹介し、支援を訴える石井政調会長=23日 松山市
公明党の石井啓一政務調査会長(衆院議員)は23日、愛媛県松山市内で開かれた党愛媛県本部(ささおか博之代表=県議)の「政経文化パーティー」に出席し、あいさつした。石田祝稔衆院議員、山本博司参院議員、中村時広知事ら多数の来賓が出席した。

石井氏は、来年度予算案について、「公共事業費の削減や若者の雇用対策など、景気・経済対策が中途半端だ」と批判。「通常国会では、『闘う野党』として、大いに政策論争を挑んでいきたい」と訴えた。

また、石井氏は菅政権が進める社会保障と税の一体改革に言及。「野党に協議を呼び掛けるなら、政府・与党がきちんと具体的な改革案を提示すべき」と強調した。

最後に4月の愛媛県議選、新居浜市議選への支援を呼び掛けた。

 (2011年1月24日付 公明新聞より転載)



コメント