公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.1686

山口代表vs鳩山総理 党首討論(東京都)

15時から第3回目の党首討論が行なわれた。 「私は愚かな総理」と言ってしまう鳩山さん。山口代表の追求に終始逃げの答弁。 政治とカネでは、「秘書の国会での参考人招致は解雇したから」。と言い訳。 「資料の提出は出さなくてもいい」などと前回の言葉はうそだった事が明白に。責任を果たそうとの気概なし。 普天間基地問題も「総理就任してから一度も沖縄に行っていない。」沖縄県民を愚弄し続ける。リーダーシップのない……つづきを読む

No.1685

毎日新聞に掲載「軽度外傷性脳損傷:患者に光 厚労省、診断基準作成へ研究」(東京都)

昨日の厚生労働委員会の質問が毎日新聞朝刊に掲載された。委員会質問で壁が破れ、診断基準作成へ研究対象に進むよう応援してまいりたい。 タイトル「軽度外傷性脳損傷:患者に光 厚労省、診断基準作成へ研究」  交通事故などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)について、長妻昭厚生労働相は20日の参院厚労委員会で「診断のガイドラインをどう決めていくか検討を進めたい」と述べ、診断基準作成に向けた研究……つづきを読む

No.1684

MTBI 国内対策を強化/脳脊髄液減少症治療 保険適用、着実に進めよ/参院厚労委で山本(博)氏

 <これまでの活動記録>  20日の参院厚生労働委員会で公明党の山本博司氏は、交通事故などで誰でも発症し得る軽度外傷性脳損傷(MTBI)と脳脊髄液減少症について、患者への積極的な支援推進を求めた。  山本氏はMTBIを含む外傷性脳損傷を、世界保健機関(WHO)が「静かなる流行病」と位置付けていると指摘。「WHOは外傷性脳損傷が2020年には世界第3位の疾患になると予測している」として、国内での対策……つづきを読む