公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2010年4月の記事

No.1702

訪中3日目上海万博開会式・国営放送で生中継(中国)

中国初の本格的な国際博覧会となる上海万博が5月1日に開幕する。史上最多となる189カ国と57の国際機関が参加し、「より良い都市、より良い生活」をテーマに持続可能な発展の必要性を訴える展示やイベントが予定されている。 本日(30日)には会場内で、胡錦濤国家主席やフランスのサルコジ大統領夫妻や韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領ら約20カ国の首脳級が参加する開会式が行われた。ちょうど済南市のホテルで生……つづきを読む

No.1701

訪中3日目山東省・済南市の地方視察(中国山東省済南市)

午後北京空港からの飛行機便で山東省の省都済南市へ。約50分の飛行時間。小さな飛行機で少々不安であったが、安全に到着。タラップから降りると、緑の木々。飛行場を自転車で走る光景に北京空港との違いを感ずる。 山東省(さんとうしょう)は、中国の省の一つ。略称は周代の国名より魯。山東とは太行山脈の東方の意。北には渤海、東には黄海があり、黄河の下流に位置する。人口9041万人、面積156,700平方キロメート……つづきを読む

No.1700

訪中3日目北京オリンピック・メインスタジアム「鳥の巣」見学(中国北京市)

午前中北京市内の北京オリンピックのメインスタジアム「北京国家体育場」愛称「鳥の巣」を視察。 2008年12月訪中の時も見学して2回目。しかし前回は氷点下の寒さ。 https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/cat72/cat135/cat118/2008/12/21_1062.html 本日は大変温かく議員団の方々と視察。 最大収容予定人数は91,000人で……つづきを読む

No.1699

日中議員会議で人文交流で発言・桁違いのスケール人民大会堂を見学 (中国北京)

全国人民代表大会(全人代)は諸外国の国会に相当する。全人代の人数は2987名で任期5年。委員長は呉邦国(ご・ほうこく)。副委員長は13名。李建国(り・けんこく)も副委員長で秘書長を兼務されている。曹衛洲(そ・えいしゅう)は副秘書長。 午後は第2セッションが行なわれ、下記テーマで意見交換を進めた。 ・日中経済貿易関係 ・人文交流 ・気候変動 ・省エネルギー・環境保護 午後は、人文交流のテーマで発言す……つづきを読む

No.1698

第4回日中議員会議で発言(日中交流・北朝鮮問題・国際貢献)(中国北京)

訪中2日目。 第4回日中議員会議が人民大会堂・安徽庁(あんきちょう)で行なわれた。 最初に、李建国団長・大石団長からの基調提言の後、下記内容で議事が進む。午前中は、第1セッション。 ・日中交流・議会交流 ・国際及び地域の主な問題 ・食品問題がテーマ。 会議は、同時通訳で状況は逐次把握できる。 午前中では2回発言する。 ・日中関係・議会交流では日中交流の歴史(中国側は曹衛洲氏)が披露され、私も日中交……つづきを読む

No.1697

日中友好の金の橋を!李建国全人代副委員長主催の歓迎宴(中国北京)

李建国全人代常務委員会副委員長(秘書長)主催の歓迎宴が人民大会堂・香港庁で開催された。 ホテルから有名な天安門広場を通り、人民大会堂へ。 日本からの交流議員団と中国側の議員団の紹介の後、李建国副委員長の歓迎の挨拶。そして乾杯の後、中国の議員の方々と交流を深める機会となった。 李建国(り・けんこく)副委員長は山東省出身。今回地方の視察で山東省を訪問の予定。公明党の若い国会議員の方々との交流が中日の万……つづきを読む

No.1696

日中議員会議団として中国へ交流(訪中1日目)(中国北京)

早朝羽田空港へ。 第4回日中議員会議 日中交流議員団として4月28日から5月2日まで中国北京・山東省(済南)の予定。 日本の参議院と中国の全国人民代表大会との定期交流の一環で今回4回目。メンバーは、民主党5人・自民党3人・公明党1名の9名(団長は民主党大石議員・副団長は自民党浅野議員)。 12時30分に北京空港着。(北京の時間。時差は1時間) 曹衛洲全国人民代表大会常務委員会副秘書長が空港まで出迎……つづきを読む

No.1695

障がい者福祉充実へ!障害者自立支援法改正案を衆議院に提出(東京都)

本日、障害者自立支援法改正案を衆議院事務総長に自民・公明両党で提出をした。 民主党は、障害者自立支援法を廃止して総合福祉法の制定を検討しているが、総合福祉法の実施は平成25年年8月とかなり先となる。 障害者団体からは、総合福祉法成立まで待てない。課題点の改善が必要との意見が多い。具体的に昨年の改正案の内容の早期実施を求めており、今回改正案をベースに2項目(目的規定の改正と成年後見制度利用支援事業)……つづきを読む

No.1694

脳卒中対策強化へ!国民健康保険法案で大臣に質問(東京都)

厚生労働委員会が終日行なわれた。「国民健康保険法案」について40分間質問をする。 1つは脳卒中対策強化について「血栓溶解療法(t-PA療法)」の普及・「脳卒中における救急搬送と医療の連携」「リハビリテーションの充実」について政府の見解を伺う。 後半は今回の法案について総報酬制の問題点について指摘する。 (下記質問内容) Ⅰ.脳卒中対策について 1.「t-PA療法」の普及に努めるべきではないか。  ……つづきを読む

No.1693

明日の厚生労働委員会での質問準備(東京都)

明日の厚生労働委員会で国民健康保険法案について質問の予定。時間は15時40分から16時20分まで、40分間。 質問レクを実施し、準備を進める。 日本の医療保険制度は国民皆保険制度がとられており、安心して適切な医療が受けられ、国民生活の安定に大きな役割を果たしている。 しかし今回の改正法案は、財政力の弱い健康保険組合にとって、健康保険組合や共済組合の加入者に負担を肩代わりするような制度改正になってお……つづきを読む