公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.667

暫定税率 期限切れの影響(東京都)

暫定税率の期限切れでどのような影響が出ているのか? 下記にポイント4点まとめてみた。 ①まずガソリンスタンドの混乱・経営不安である。 ガソリン価格に差がでており、価格競争が熾烈を極めている。ガソリンスタンドは1㍑当たり約25円の暫定税率が上乗せした在庫を抱え、本来は在庫がなくなってから価格を下げるのだが、競争が激しく20円から25円の赤字覚悟で値下げに踏み切った店が少なくない。ちなみに近くのガソリ……つづきを読む

No.666

ハンセン病療養施設/入所者支援に全力/山本(博)氏ら 大島青松園で要望聞く/香川県高松市

 <これまでの活動記録>  公明党の山本博司参院議員は3月29日、香川県高松市庵治町の離島・大島にあるハンセン病国立療養所「大島青松園」を訪問した。これには、広瀬良隆県議、中村伸一・高松市議も同行した。  同園は1909年に国立のハンセン病療養所として設立されて以来、約4000人が入所。現在の入所者は127人で、平均年齢は80歳になっている。現在、園では入所者の減少に伴い、将来的に居住地を1カ所に……つづきを読む

No.665

歳入欠陥対策が急務/徳島県知事ら冬柴国交相、増田総務相に要望/石田、山本(博)氏が同行

 <これまでの活動記録>  公明党の石田祝稔衆院議員と 山本博司参院議員は4日、飯泉嘉門・徳島県知事らとともに国土交通省を訪れ、冬柴鉄三国交相(公明党)に対し、道路特定財源などの暫定税率の復元に関する申し入れを行った。  要望内容は、2日に行われた徳島県内の自治体、経済団体の緊急代表者会議で採択されたもの。  税制改正法案の早期成立のほか、同法案成立までの間に生じる歳入欠陥について、地方財政に悪影……つづきを読む