公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.505

「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」で質問/愛媛県加戸知事が要望で来訪(東京都)

早朝8時30分より与党・原爆被爆者対策のPTが開催された。本日で10回目となる。在外被爆者が被爆者健康手帳を日本に来なくても海外で申請・交付の出来る与党の法案の最終案が決定された。公明党が長年取組んできた課題であった。午後からは「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」が開催され、質問に立つ。1.福田政権の北朝鮮政策の基本姿勢 2.日米関係、国際社会の連携 3.拉致問題の現況と広報 の内容で、高……つづきを読む

No.504

難民政策、離島振興で2PT設置/党政調

 <これまでの活動記録>  公明党政務調査会(斉藤鉄夫会長)は6日、参院議員会館で部会長会議を開き「難民政策プロジェクトチーム(PT)」と「離島振興対策プロジェクトチーム(PT)」の設置を決めた。  難民PTは、2004年の通常国会で改正された「出入国管理及び難民認定法」の見直し時期である来年を前に、難民政策について検討する。離島PTは、国内に約400の有人島がある日本の離島の振興・再生に関する総……つづきを読む

No.503

発達障害者 早期発見が重要/医師など研修制度充実せよ/参院厚労委で山本(博)氏

記事分類

 <これまでの活動記録>  6日の参院厚生労働委員会で、公明党の山本博司氏は発達障害者支援について、早期に発達障害者を発見できる体制づくりが重要であるとし、医師や保健師への研修制度を充実すべきと訴えた。これに対し、舛添要一厚労相は、「(発達障害者への)支援充実に政府として全力を挙げて取り組む」と答えた。  また、山本氏は、認可外保育施設が待機児童の解消に大きな役割を果たしているとし、「認可外保育施……つづきを読む