公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.335

08年度予算 概算要求で申し入れ/温暖化対策特別枠を/党環境部会

記事分類

 <これまでの活動記録>


 公明党の環境部会(江田康幸部会長=衆院議員)は9日、環境省を訪ね、若林正俊環境相に対し、来年度予算概算要求に向けた10項目からなる重点要望を申し入れた。
 これには江田部会長のほか、加藤修一部会長代理、荒木清寛、渡辺孝男、鰐淵洋子、山本博司の各参院議員が出席した。

 江田部会長は「京都議定書の目標は、何としても達成しなければならない」と強調し、温暖化対策推進のため特別枠を検討するよう求めた。
 さらに、(1)バイオエタノールの普及促進のための非課税化(2)エコハウスやエコビルの普及促進のためのエコ改修減税の導入(3)シックハウス・シックスクール防止策や化学物質過敏症対策の推進――などの要望を行った。
 これに対し、若林環境相は「よい結果が出るようにしたい」と述べた。

 (2007年8月10日付 公明新聞より転載)



コメント