公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”災害” がつけられた記事

No.7719

「豪雨で立川橋崩落、爪痕無残」大豊町の崩落現場(高知県大豊町)

23日高知市内廻りを終え、香川県に戻る途中、大豊町の崩落現場近くを通過しました。 今月(7日未明)の記録的な豪雨で高知自動車道は、上り線の「立川橋」(全長63・5メートル、高さ12メートル)(長岡郡大豊町立川上名(かみみょう))が土砂崩れで押し流されて崩落。 立川橋は、高知自動車道の上り線にある立川トンネル南側の谷川に架かる大規模橋で、西日本高速道路によると、高速道の橋が崩落したのは西日本で初めて……つづきを読む

No.7684

「人命救助一刻も早く」水道などライフライン復旧も(政府に対し、山口代表・党対策本部)(東京都)

9日夕、西日本を中心とした記録的大雨で大きな被害の出ている「平成30年7月豪雨」に関し、公明党の災害対策本部(斉藤鉄夫本部長:衆院議員)を開催。山口代表、北側副代表はじめ多数の衆参国会議員が出席。内閣府、国土交通省、厚生労働省、総務省、防衛省など各省庁から被害状況、対応について聞き、被災地を調査した議員が政府に対して要望を伝え、対策に万全を期すよう求めました。 私からも8日広島県内の被災地(坂町・……つづきを読む

No.7683

記録的豪雨の被害にあった広島県へ③新原呉市長から緊急要請(広島県呉市・広島市安芸区)

西日本を中心とした記録的豪雨による被害により、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 本日(8日)は早朝より一番被害の大きい広島県内へ。斉藤鉄夫衆院議員と共に呉市へ。地元の田川県議、下西県議・上村呉市議も同行。 呉市の庁舎にて新原市長から大雨の被害状況と要望を伺いました。 呉市に入る主要道路が全て寸断されており、陸の孤島になって……つづきを読む

No.6752

熊本地震1年 東日本大震災6年~「誰もが取り残されない復興とまちづくりに向けて」JDF災害総合支援本部 報告会(東京都)

18日、衆議院第2議員会館にて開催された「JDF災害総合支援本部 報告会」に参加し、挨拶。主催は日本障害フォーラム(JDF)です。 本日の報告会のテーマは~熊本地震1年 東日本大震災6年~誰もが取り残されない復興とまちづくりに向けて~。 2016年4月14日に発生した「熊本地震」から一年が経過するとともに、2011年3月11日に発生した東日本大震災から六年が経過。被災地ではなお厳しい状況が続くとと……つづきを読む

No.6285

石井国交大臣と共に広島豪雨土砂災害対策現場を視察(広島県広島市安佐南区)

14日午前、石井国交大臣と共に広島豪雨土砂災害対策現場(安佐南区)を視察。地元の栗原俊二県議・碓氷よしお市議が同行。 全貌を一望できる場所から説明を受けた後、大きな被害のあった八木地区の建設中の砂防堰堤へ。現在23基が完成。残りが2基。砂防堰堤により、土砂をくい止め、人命を守る事となります。 また湯崎広島県知事・松井広島市長らとも共に県営住宅前の慰霊碑に献花・黙祷。 慰霊碑(幅1メートル、高さ0・……つづきを読む

No.5361

「復興事業の支援継続(集中期間後)」被災県知事、公明に要望(東京都)

公明党の井上幹事長は、岩手県達増知事・宮城県村井知事・福島県内堀知事と青森県三村知事(代理)と会い、「被災4県の知事連盟の「2016年度復旧・復興事業のあり方等に関する要望書」を受け取り意見交換をいたしました。(11日)被災地担当の衆参国会議員が同席。 知事らは、集中復興期間後の復興事業について、与党が先月政府に申し入れた「第5次提言」の中で、自治体に費用の一部負担を求める際は、財政状況に配慮すべ……つづきを読む

No.5327

56万筆の請願署名「東日本大震災の被害実態に見合う支援制度の拡充を!被災地生協の方々の要望(東京都)

被災地をかかえる東北地区の生活協同組合連合会(生協)の方々が事務所に来訪。国会請願署名の要望について、懇談・意見交換を進めました。(26日) 56万筆の「被災者生活再建支援制度の抜本的拡充を求める国会請願署名」を国会に提出され、衆参の災害対策特別委員会に付託されました。東日本大震災から4年目。仮設に住み26万人の願いは「早く仮設住宅を出て安心できる住まいを得たい」事です。「被災者生活再建支援法」は……つづきを読む

No.5303

ネパールに真心の支援を!(東京都)

山崎参院議長は13日、大震災に見舞われたネパールのバッタライ駐日大使と国会内で個別に会い、全議員から募った義援金を贈呈しました。輿石副議長・中川議運委員長と共に議運の理事として同席しました。 公明党は山口代表が4月27日に目黒区にあるネパール大使館を訪れ、党からの見舞金100万円を、マダン・クマール・バッタライ大使に手渡しています。さらに被災者を支援するための街頭募金活動も全国各地で実施しており、……つづきを読む

No.5295

安全、風評対策に万全期せ!箱根山への対応求める!党合同会議にて(東京都)

国土交通部会(赤羽部会長)と災害対策本部(石田本部長)の合同会議が衆院第2議員会館で開催されました。(8日) 公明党井上幹事長は、噴火への警戒が続く箱根山(神奈川県)の安全対策と風評被害払拭に万全を期すよう関係省庁に求めました。 箱根山では4月26日から大涌谷付近を震源とする火山性地震が増加。気象庁は6日、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火山火口周辺規制)に引き上げました。 これに伴い同町では、……つづきを読む

No.5258

復興は「今が正念場」!被災4県知事が支援継続要請(東京都)

公明党の山口代表・井上幹事長らは、23日国会内で、被災4県知事(青森県 三村知事・岩手県 達増知事・宮城県 村井知事・福島県 内堀知事)から今年度で終了する集中復興期間の延長と財政支援の継続を求める要望を受けました。 被災地担当国会議員として同席。 席上、村井宮城県知事は2016年度から20年度までの5年間に、復興事業の経費が被災4県を合わせて8.39兆円以上に上る見通しを強調されました。三村青森……つづきを読む