公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”ODA” がつけられた記事

No.9081

参議院ODA調査第2班ブータン・タイ視察5日目③バンコク大量輸送整備事業(パープルライン)見学(タイ・バンコク)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 視察5日目。9日は午前中、バンコク大量輸送整備事業(パープルライン)を視察。この事業は、バンコク首都圏において、大量輸送システム(パープルライン:バンス~バンヤイ地区間23㎞)を整備することにより、増加する輸送需要への対応と交通渋滞の緩和及び大気汚染の改善を図り、もって地域経済の発展及び都市環境の改善……つづきを読む

No.9080

参議院ODA調査第2班ブータン・タイ視察5日目②ノンタブリ1道路チャオプラヤ川橋梁建設事業(タイ・バンコク)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。視察5日目。9日は終日、タイのODA視察と懇談に費やしました。 午前中、ノンタブリ1道路チャオプラヤ川橋梁建設事業(2010年度有償資金協力)を視察。現地の三井住友建設のタイの会社SMCC タイランド(株土田正之会長からODAの概要をミュージアムにて伺い、橋梁の現場も見学しました。 交通渋滞の発生が顕著……つづきを読む

No.9078

参議院ODA調査第2班ブータン・タイ視察5日目①タイ・バンコクの朝(タイ)

おはようございます。参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察しています。 視察5日目。9日は終日、タイのODA視察(道路・橋、鉄道、大学)、さらにODA関連日本企業やJICAボランティアの方々との懇談会です。 バンコクホテルからの風景です。 ブータンの首相 ロティ・ツェリン閣下、外務大臣 タンディ・ドルジ閣下が、ご自身のツイッターでODA視察団……つづきを読む

No.9077

参議院ODA調査第2班ブータン・タイ視察 4日目③JICA・大使館メンバーと(タイ)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 8日夕方タイバンコック空港へ。その後市内のホテルに。夜、タイ市内にてJICA・大使館メンバーとの懇談会。参加者は、宮崎桂JICAタイ事務所長らJICAメンバーと梨田和也在タイ日本国大使・川村博司在タイ大使館次席公使ら大使館メンバー。 タイ王国の概要、タイの政治・経済情勢、日タイ関係、経済協力(ODA)……つづきを読む

No.9076

参議院ODA調査第2班ブータン視察 4日目②パロ空港からタイへ出発 (ブータン)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 視察4日目。本日はブータンからタイに向かいます。首都ティンプーからパロ空港まで車で1時間。険しい山を越えていきます。 入国時の儀典長が出迎えに。最後にブータンでお世話になったインド大使館の宮本公使・鈴木さん等ろメンバーで記念の写真を。 1つしかない狭い滑走路パロ空港を飛び立ち、山々を超えて一路タイバン……つづきを読む

No.9075

参議院ODA調査第2班ブータン視察 4日目①障がい福祉に取り組む山中さんとの交流(ダグツォ職業訓練センター)(ブータン)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。視察4日目。本日はブータンからタイに向かいます。 ブータン最終日。昨日の在留邦人交流会でお会いした山中睦子さんが出発前ホテルに。シニア海外協力として首都ティンプーにあるダグツォ職業訓練センターに派遣されている山中さん。 職業訓練センター(2001年創立)では7歳から41歳の知的障がい、自閉症、ダウン症、……つづきを読む

No.9074

参議院ODA調査第2班ブータン視察3日目⑤在留邦人の皆様との交流(ブータン)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 視察3日目(7日)ブータン視察最後の行事。夜ブータンで活躍されている日本人の関係者と懇談。交流を深める事となりました。 久保田あずささん(UNDP現地事務所代表:愛媛県)、石原陽一郎さん(世界銀行 現地事務所代表:神奈川県)、西澤和子さん(ブータン国立医科大学准教授:医師京都府)、沼澤康人さん(大日本……つづきを読む

No.9073

参議院ODA調査第2班ブータン視察3日目④JICAブータン事務所の皆様に感謝(ブータン)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 7日(視察3日目)ブータンの訪問日程にはありませんでしたが、急遽ブーダンのJICA事務所を訪問。ずっと一緒に行動してきたJICAブータン事務所長の渡部晃三氏に案内いただきました。 ブータンでのJICA事業は、農業・農村開発、インフラ整備、公共サービス支援などの分野で、技術協力(ボランティア、草の根技術……つづきを読む

No.9072

参議院ODA調査第2班ブータン視察 3日目③「幸せの国ブータンが重視する国民総幸福量(GHN)とは?」国民総幸福量委員会(GNHC)次官との面会(ブータン)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 7日午後はブータンの首都ティンプー市内の国民総幸福量委員会(GNHC)を訪問。ティンレイ・ナムギャルGNHC次官と面談。 幸せの国と呼ばれるブータンでは、GNH(Gross National Happiness=国民総幸福量)という独特の指標を用いて、国民の幸福量を計っています。 国民総生産(GNP)……つづきを読む

No.9071

参議院ODA調査第2班ブータン視察 3日目② ジグミ・ケサル・ワンチュク国王陛下拝謁(ブータン)

参議院ODA調査第2班として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。7日午前、視察団は、ジグミ・ケサル・ワンチュク陛下(ブータン国王)に拝謁。 国王は、英国オックスフォード大学留学中に「日本・ブータン協会」を自ら設立。新日家であり、皇太子の最初の公務が日本の青年海外協力隊関連の事業。 2006年、26歳で王位継承した後、数年間はインド以外の外遊はせず、国民との対話及び国内情勢把握のため……つづきを読む