公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”震災” がつけられた記事

No.4485

懐かしい方との再会(愛媛県松山市)

松山市内を小林市議と挨拶まわり。徳島県から松山市に転勤された垣鍔さんと2年ぶりの再会です。大変お元気そうでした。 徳島県北島町フジグランで開催された障がい者施設商品販売「全国ナイスハートバザール」に大変尽力していただきました。あの時はありがとうございました。 当時の記事:全国の障がい者施設商品が徳島に大集合!「全国ナイスハートバザール」(徳島県板野郡北島町)

No.4454

結党50周年へ拡大の波を!全国県代表者協議会で勇躍出発(東京都)

第38回全国県代表者協議会が公明会館にて開催されました。衆参の国会議員や全国・都道府県の県代表らが一堂に集いました。(1日) 山口代表は「新しい時代を切り開く決意で『大衆とともに』を体現する行動を展開し、『公明党ここにあり』の姿をしめしていこう」との呼びかけがあり、本年11月の結党50周年に向けて、さらなる党勢拡大へ、勇躍前進を誓い合いました。 協議会では、福島の復興報告と共に4人の県代表の素晴ら……つづきを読む

No.3855

第7回「与党障害者の差別禁止に関する立法措置ワーキングチーム(WT)」(東京都)

与党障害者の差別禁止に関する立法措置ワーキングチーム(WT)の会合が開催され、メンバーとして参加。今回で7回目。 「法案の主な論点と基本的な考え方について」意見交換。 ・法案の基本的位置づけと法案の名称 ・差別禁止の義務付けの考え方 ・対象分野と具体的な対応 ・法的効力と実効性の確保 ・行政による紛争解決、相談、啓発など等。 与党での作業の最後の詰めを進める。野党との協議も含め、法案が国会提出でき……つづきを読む

No.3854

「しまなみ海道 自転車等通行料金無料化へ!」太田大臣要望(東京都)

「しまなみ海道における自転車等軽車両通行料金の無料化について」愛媛県(長谷川副知事)・広島県・今治市(菅市長)・尾道市(郷力副市長)の方々と太田大臣に要望活動を行う。 公明党から石田四国議長、笹岡県議(愛媛県)、田辺県議(広島県)が同席。 【提案・要望事項】 しまなみ海道原付・自転車道において自転車等軽車両通行料金の無料化を実現する事 【現状と課題(背景、理由)】 ・しまなみ海道の大きな魅力 約6……つづきを読む

No.3853

故郷の「命の道」大洲・八幡浜自動車道の整備促進へ!太田大臣へ要望(東京都)

太田国土交通大臣へ地元の首長の方々と要請。 要請内容は、『地域高規格道路大洲・八幡浜自動車道「夜昼道路」の平成25年度新規事業化について』 「国道197号地域高規格道路建設促進期成同盟会」の地元の方々が同行。同行者は、地元八幡浜市大城市長・大洲市小島副市長・伊方町森口副町長や長谷川愛媛県副知事など。 公明党から石田四国議長・笹岡県議も同席。 【提案・要望事項】 「四国8の字ネットワーク」との直結に……つづきを読む

No.3852

介護従事者の処遇改善へ!課題・要望を伺う(東京都)

旭日に見送られながら朝一番の便で高松空港から上京。 国会へ。 先日徳島県でお会いした、全国老人施設連盟  手束委員長らと懇談。介護の課題・要望を伺う。特に「介護従事者の処遇改善について、公明党として尽力を!」と強く要望される。 国会内のしだれ桜など綺麗に咲き誇る。いよいよ春爛漫の季節へ心躍る。

No.3851

東京での国会・高松での国政報告(東京都・香川県高松市)

昨夜高松駅からサンライズ瀬戸号で上京。本日朝7時8分の東京駅着。 そのまま国会へ。午前中の参議院本会議にて所得税・地方税の趣旨説明・質疑が行われた。 終了後、トンボ返りで羽田空港から高松空港へ。 機上から、白い雲の絨毯(じゅうたん)と青い空が綺麗。 夜、市内にて国政報告会。6年間の取組みについて話させていただく。 終了後、自民党平井たくや衆議院議員の会に出席・挨拶。多くの参加者と交流を深める。あり……つづきを読む

No.3825

全犠牲者の冥福と東北の大復興を祈る!東日本大震災2周年追悼式(東京都)

東日本大震災から2年。 本日は、国立劇場で開催される政府主催の東日本大震災2周年追悼式に出席。 2時46分に追悼の祈り。 犠牲になられた方々のご冥福を心から祈り、そして一日も早い復興をめざし、被災者が希望を持てるよう取り組む事を誓う。 式典での被災地3人のご遺族の言葉に、胸が熱くなり、涙が止まらない。 天皇陛下のお言葉にも感銘を受ける。中でも避難訓練や津波防災教育の大切さなどが印象的であった。 そ……つづきを読む

No.3824

最大の被災都市から世界の復興モデル都市石巻を目指して!第4回復興支援会議(宮城県石巻市)

石巻市市役所本庁にて、公明党第4回復興支援会議を開催された。市役所の壁に愛媛県三島高校書道部の励ましの書があり、温かな気持ちになる。 石巻市笹野副市長はじめ、市の幹部の方々と公明党議員団との意見交換。 石巻市の復旧・復興状況を伺う。 ・被害・被災状況がいかに甚大だったのかデータに基づき説明を受ける。 ・復興の課題として、被災者支援、災害廃棄物の処理、商工業・水産業の再建・雇用、学校、住まい等各分野……つづきを読む

No.3823

「未来へ向かって ふるさと(孤崎浜)を明るく希望へ!」(株)宮城県孤崎水産6次化販売の挑戦(宮城県石巻市孤崎浜) 

井上幹事長ら石巻グループは、宮城県牡鹿半島の孤崎浜へ向う。リアス式海岸の半島を小型バスで移動。強風で荒い波が立つ。 孤崎浜は牡鹿半島の南側に位置し、太平洋の暖流と寒流が交わり、緑豊かなミネラルの恩恵を受け、牡蠣の養殖が盛ん。(株)宮城県孤崎水産6次化販売を設立した古内新一さんら6名のメンバーと懇談。 牡蠣は年中とれ、濃厚で美味しい殻付きかき。復興支援の絆として、注目されている。「ガイアの夜明け」で……つづきを読む