公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”答弁” がつけられた記事

No.10101

参議院内閣・総務委員会連合審査・衆議院地方創生特別委員会で答弁(東京都)

27日、参議院内閣・総務委員会連合審査・衆議院地方創生特別委員会で答弁に立ちました。 連合審査では、立憲民主党小沢雅仁議員の「新型コロナ対策のワクチン接種について」。 地方創生特別委員会では、共産党清水忠史議員の「小規模多機能型居宅介護の安定したサービス維持」の質問です。

No.10031

「ワクチン接種について」衆院厚労委員会で答弁(東京都)

衆議院厚生労働委員会が31日開催。立憲民主党の西村智奈美議員の「ワクチン接種について」の質問に内閣府副大臣として答弁しました。 「ファイザー社以外のワクチン(アストラゼネカ社・モデルナ社)については、現在、厚労省において承認審査が行われており、仮に複数のワクチンが承認された場合の具体的運用については、承認され次第、国民の皆様に速やかにお伝えしていきたい。」と答弁しました。

No.10024

「参議院厚生労働委員会で答弁」(東京都)

30日は終日、参議院厚生労働委員会が開催。公明党塩田議員の質問の答弁に立ちました。 「ワクチン接種後のアナフィラクシー対策についての内容」「自治体向け手引きにて、アドレナリン製剤など、救急処置に必要な物品を各接種会場に常備する事としており、こうした万全の接種体制の確保に必要な費用は、全額国費で補助している」等お答えしました。

No.9999

参議院厚生労働委員会・内閣委員会で答弁(東京都)

16日は参議院で各委員会の所信質疑が行われ、厚生労働委員会、内閣委員会で答弁に立ちました。 厚生労働委員会では公明党の塩田博昭議員から「ワクチン接種の副反応やワクチン接種体制について」。維新の東徹議員も「ワクチン接種について」 また内閣委員会では、国民民主の矢田わか子議員から「新型コロナ禍の医療提供体制、国内ワクチン開発の支援状況」など質問があり、夫々答弁致しました。

No.9997

「ひきこもり支援で答弁」参議院予算委員会 下野六太議員の質問(東京都)

参議院予算委員会の集中審議が15日終日開催されました。公明党下野六太議員の質問に答弁に立ちました。 「115万人のひきこもりの方がいると推計される中、8050問題における包括的支援体制の整備やコロナ禍における支援体制など、ひきこもり支援の現状について」の質問です。 長年取り組んできたテーマでしたので、下記内容でお答えしました。 「・{ひきこもり地域支援センター}の設置や市町村における相談窓口の明確……つづきを読む

No.9950

衆院予算委員会で答弁(東京都)

衆議院予算員会の質疑で副大臣として答弁。 自民党神山議員、公明党太田昌孝議員の質問「ワクチン接種、検査体制、新型コロナ感染症対策など」12問の内容。

No.9934

新型コロナ特措法が成立「感染対策の実効性強化」(東京都)

新型コロナウイルス対策の特別措置法及び感染症法などの改正案が3日参議本会議で、自民、公明、立憲民主などの与野党賛成多数で可決され、成立しました。 本会議に先立つ参院内閣委員会で野党の質問に対して答弁に立ちました。 委員会では公明党の平木議員より賛成討論があり、今回の法改正について、「感染拡大防止とその実効性の確保、事業者などへの効果的な支援を行うために必要不可欠だ」と力説。 また国と自治体間での情……つづきを読む

No.9757

衆議院厚労委員会「予防接種法で答弁」(東京都)

13日朝9時から夕方17時まで衆議院厚労委員会が開催。予防接種法・検疫法の審議が行われ、公明党高木美智代議員の質問にお答えしました。 「新型コロナワクチンの接種について、接種開始後にも情報収集を行い、必要な安全対策をとることが重要。 PMDAの体制強化や評価の迅速性、得られた情報の速やかな情報発信に努めていく事など」答弁しました。