公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:国際 の記事

No.6372

「IPUジュネーブ会議4日目②児童養護施設 青少年基金「フォワイエ・ドゥ・ギリー」を視察(スイスジュネーブ)

ジュネ-ブ市内にある児童養護施設 青少年基金「フォワイエ・ドゥ・ギリー」を視察。代表団から副団長の高野光二郎参院議員(自民党)・太田和美衆院議員(民進党)と私の3人で参りました。 施設の副所長のキリガー氏から施設の概要や活動内容を紹介いただき、施設内を見学。 青少年基金はジュネーブ州の法令に基づき1958年に設立された青少年保護・教育のための公的基金です。基金の目的は家庭に留まることができない18……つづきを読む

No.6371

IPUジュネーブ会議4日目①UNISDR(国連国際防災戦略事務局)を視察(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議4日目(26日)。午前中、IPUジュネーブ会議参加の日本議員代表団メンバーでUNISDR(国連国際防災戦略事務局)を視察。 参加者は副団長の高野光二郎参院議員(自民党)・太田和美衆院議員(民進党)と私の3人。 カーシー官房長らからUNISDRの概要など伺い、意見交換。 【組織概要】 UNISDRは国際社会の防災協力を推進する事務局として2000年に暫定設置され、2002年に正式……つづきを読む

No.6370

「IPUジュネーブ会議3日目」③ 第2委員会で「持続可能な開発目標(SDGs)」で発言(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議3日目(25日)第2委員会に出席。 常設委員会の第2委員会は『持続可能な開発目標(SDGs)、金融、貿易』を主に扱います。 具体的に「SDGs、特に開発の推進力としての女性の金融包摂に関する金融包摂に関する国際協力の推進」に関する討議が行われました。 討議の前に、カナダ政府部大使・アフリカ開発銀行・世界銀行・世界貿易センターや国会議員など7人のシンポジウム。 それをうけて、各国……つづきを読む

No.6369

「IPUジュネーブ会議」3日目 ②韓国代表団の方々との2国間会談(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議3日目(25日)。IPUジュネーブ会議の合間に、其々の国々の国会議員の方々と2国間会談が頻繁に行われました。 韓国代表団のメンバーとは昼休みの時間。チン・ヤング団長以下5名の国会議員の皆様と食事を取りながら、意見交換。 日本側は鈴木俊一団長(自民党衆院議員)・高野光二郎副団長(自民党参院議員)・伊藤信太郎衆院議員(自民党)・太田和美衆院議員(民進党)と私の5人。 北朝鮮問題・日……つづきを読む

No.6368

IPUジュネーブ会議3日目①本会議で鈴木団長が登壇(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議3日目。25日朝9時から本会議が開催されています。 各国の代表から一般討議が行われており、日本を代表して鈴木俊一団長(自民党衆院議員)が11時40分過ぎに登壇。 テーマは「紛争の前兆としての人権侵害:初期対応者として各国議会が果たすべき役割」に関する一般討議です。 日本から来た議員団も出席し、聞いています。メンバーは高野光二郎副団長(自民党参院議員)・伊藤新太郎衆院議員(自民)……つづきを読む

No.6367

IPUジュネーブ会議1日目③ 国連食糧農業機関(FAO)特別調査官 キャロリン・ロドリゲスーバーケット氏と会談(スイスジュネーブ)

23日夕方、国連食糧農業機関(FAO)特別調査官 キャロリン・ロドリゲスーバーケット氏と会談。 キャロリン・ロドリゲスーバーケット氏はガイアナ出身。2001年からガイアナの国会議員を勤め、ガイアナの外務大臣・貿易大臣も歴任されました。 FAOは持続可能な開発目標(SDGs)の達成を最重要課題とし、食糧安全保障や栄養問題の改善に取り組んでおり、その一環として各国における法整備の促進等を求めています。……つづきを読む

No.6366

IPUジュネーブ会議2日目②世界最古の国際機関 ITU(国際電気通信連合)を訪問(スイスジュネーブ)

24日IPUジュネーブ会議2日目。評議員会議の後、ITU(国際電気通信連合)本部を訪問。 ITUの邦人職員である鳥越祐之 電気通信開発局(BDU)次長・坂本光弘無線通信局(BR)宇宙調整システム課長・益満尚 電気通信開発局(BDT)ICTアプリケーションエキスパートと懇談。ITUの歴史・概要や活動状況を伺い、施設内も見学させていただきました。 国際電気通信連合(ITU)は国際的な周波数の分配、電気……つづきを読む

No.6365

「IPUジュネーブ会議」2日目 ①評議員会に出席(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議2日目。(24日)ジュネーブ国際会議センターにて朝9時から評議員会が開催。 日本側から団長である鈴木俊一衆議院議員(自民党)と共に参加しています。進行は昨日会談したチョドリーIPU議長です。 IPU加盟国について審議され、171ヶ国となりました。各国2~3名の評議員が出席し、約400名の方々が討議。

No.6364

「IPUジュネーブ会議」1日目②タイ代表団の方々との2国間会談(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議の合間に、其々の国々の国会議員の方々と2国間会談。(23日) 最初はタイ代表団の方々と。日本側は鈴木俊一団長(自民党衆院議員)・高野光二郎副団長(自民党参院議員)・太田和美衆院議員(民進党)と私の4人。 プミポン国王崩御に対しての哀悼の意を表した後、日タイの経済交流、議会交流など意見交換。私からは、2016年夏会期での瀬戸内国際芸術際で、タイ国から多くのアーティストが参加。タイ……つづきを読む

No.6363

IPUジュネーブ会議1日目①チョードリーIPU議長と会談(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議の合間に、其々の国々の国会議員と会談しました。 IPU議長との会談は初日の23日に実施。現在IPUの議長はサベル・ホセイン・チョードリー氏。バングラデシュの国会議員で55歳。 大変目力の強い方で、170カ国からなるIPUを統率。風格が感じられました。