公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:国際 の記事

No.6378

l国際都市 ジュネーブ・国連欧州本部 パレ・デ・ナシオン前広場の「壊れた椅子」(スイスジュネーブ)

国際都市ジュネーブには、国連欧州本部の他、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、WHO(世界保健機構)、WTO(世界貿易機関)など20以上の国連機関の本部が所在し、ジュネーブで行われます。 これら機関の年間会議数は、ニューヨークよりも多いとされます。国際公務員をはじめとする外国人率が極めて高く、ジュネーブ市では外国人比率が46.7%に上ります。 訪問したITU(国際電気通信連合)本部のビル15階……つづきを読む

No.6377

IPUジュネーブ会議5日目②レマン湖の港付近を散策(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議5日目。最後の本会議が夕方終了しました。(27日)来年4月開催の136回IPU会議の場所はバングラディシュです。 ホテルに戻り、港の近くを散策。やっと時間が取れました。また天気も晴れてレマン湖をかもめが飛んでいます。 鯉のぼりも風に吹かれて泳いでいます。時間は17時30分。日本は深夜です。 会議では多くの皆様との交流ができ、またWHOやITUなど国際機関も視察が出来ました。感謝……つづきを読む

No.6376

「IPUジュネーブ会議」5日目① WHO(世界保健機関)を訪問(スイスジュネーブ)

27日朝、スイスジュネーブにあるWHO(世界保健機関)本部を訪問。 木阪明美 事務局長室対外関係担当官・ロバート・ジョイコブ情報データ調査局医療担当官から「WHOの概要、ICD11(国際疾病分類)の動向について」其々、話しを伺いました。 【WHOの概要】木阪明美担当官 WHO(世界保健期間)は、1948年発効された世界保健機関憲章により設立された保健衛生の分野を担当する国連の専門機関。 「すべての……つづきを読む

No.6375

「IPUジュネーブ会議」4日目④スイスの在留邦人の方々との意見交換会(スイスジュネーブ)

「IPUジュネーブ会議」4日目。26日、スイスの在留邦人の方々との意見交換会が開催されました。 参加された方々は、ジュネーブ日本人会会長のアベル美穂(ANA支店長)、JETRO 中園正巳所長、大和証券 高橋真学支店長、サンスター 白川英一執行役員、スイスロマンド管弦楽団 山本いずみさんと在ジュネーブ領事事務所の方々ら(青木豊主席領事・久保田一成領事)。 議員団から高野光二郎副団長(自民党参院議員)……つづきを読む

No.6374

「IPUジュネーブ会議」4日目③本会議一般討議で高野光二郎副団長が登壇(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議4日目。(26日)昨日に引き続き、第2委員会(持続可能な開発、金融及び貿易)に出席。夕方の16時30分から。 「ハゲタカファンドの活動に対抗するための議会の役割」に関するパネルディスカッション。 また並行して開催されている本会議での一般討議。参議院議員団の副団長の高野光二郎議員(自民党)が18時過ぎに登壇。 議題3の「紛争の前兆としての人権侵害:初期対応者として各国議会が果たす……つづきを読む

No.6373

「IPUジュネーブ会議4日目②児童養護施設 青少年基金「フォワイエ・ドゥ・ギリー」を視察(スイスジュネーブ)

ジュネ-ブ市内にある児童養護施設 青少年基金「フォワイエ・ドゥ・ギリー」を視察。代表団から副団長の高野光二郎参院議員(自民党)・太田和美衆院議員(民進党)と私の3人で参りました。 施設の副所長のキリガー氏から施設の概要や活動内容を紹介いただき、施設内を見学。 青少年基金はジュネーブ州の法令に基づき1958年に設立された青少年保護・教育のための公的基金です。基金の目的は家庭に留まることができない18……つづきを読む

No.6372

IPUジュネーブ会議4日目①UNISDR(国連国際防災戦略事務局)を視察(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議4日目(26日)。午前中、IPUジュネーブ会議参加の日本議員代表団メンバーでUNISDR(国連国際防災戦略事務局)を視察。 参加者は副団長の高野光二郎参院議員(自民党)・太田和美衆院議員(民進党)と私の3人。 カーシー官房長らからUNISDRの概要など伺い、意見交換。 【組織概要】 UNISDRは国際社会の防災協力を推進する事務局として2000年に暫定設置され、2002年に正式……つづきを読む

No.6371

「IPUジュネーブ会議3日目」③ 第2委員会で「持続可能な開発目標(SDGs)」で発言(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議3日目(25日)第2委員会に出席。 常設委員会の第2委員会は『持続可能な開発目標(SDGs)、金融、貿易』を主に扱います。 具体的に「SDGs、特に開発の推進力としての女性の金融包摂に関する金融包摂に関する国際協力の推進」に関する討議が行われました。 討議の前に、カナダ政府部大使・アフリカ開発銀行・世界銀行・世界貿易センターや国会議員など7人のシンポジウム。 それをうけて、各国……つづきを読む

No.6370

「IPUジュネーブ会議」3日目 ②韓国代表団の方々との2国間会談(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議3日目(25日)。IPUジュネーブ会議の合間に、其々の国々の国会議員の方々と2国間会談が頻繁に行われました。 韓国代表団のメンバーとは昼休みの時間。チン・ヤング団長以下5名の国会議員の皆様と食事を取りながら、意見交換。 日本側は鈴木俊一団長(自民党衆院議員)・高野光二郎副団長(自民党参院議員)・伊藤信太郎衆院議員(自民党)・太田和美衆院議員(民進党)と私の5人。 北朝鮮問題・日……つづきを読む

No.6369

IPUジュネーブ会議3日目①本会議で鈴木団長が登壇(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議3日目。25日朝9時から本会議が開催されています。 各国の代表から一般討議が行われており、日本を代表して鈴木俊一団長(自民党衆院議員)が11時40分過ぎに登壇。 テーマは「紛争の前兆としての人権侵害:初期対応者として各国議会が果たすべき役割」に関する一般討議です。 日本から来た議員団も出席し、聞いています。メンバーは高野光二郎副団長(自民党参院議員)・伊藤新太郎衆院議員(自民)……つづきを読む