公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:国際 の記事

No.9116

「日中友好の交流促進へ全力!」中国北京市の中学・高校生メンバーとの交流(東京都)

中国北京市の中学・高校生メンバーが訪日修学旅行で国会に来訪。公明党の国会議員との対話集会に出席。(22日) 公明党から参議院議員の(竹谷としこ、下野六太)議員と共に参加。日中友好に取り組む日中新世紀会 吉村理事長(慶応大学の先輩)の紹介です。 環境学習をテーマで、5泊6日の修学旅行。東京都下水道処理場・慶應大学視察など訪問。 本日は国会の参議院議員会館にて、生徒の皆さんから様々な質問を受け、お答え……つづきを読む

No.9088

参議院ODA調査第2班ブータン・タイ視察5日目 ⑥「障がい者の情報活用(情報アクセシビリティ)で懇談」モンティエン・ブンタン上院議員・秋山愛子さん(タイバンコク)

                          参議院ODA調査第2班(有村治子団長)の視察5日目。 タイのモンティエン・ブンタン上院議員と国連アジア太平洋経済社会委員会(UN ESCAP)  社会問題担当官の秋山愛子さんと懇談の機会を持ちました。 お二人とも日本でお会いし、面識があり、公式日程以外に懇談の場を持たせていただきました。 タイのモンティエン・ブンタン上院議員は視覚障がいである自ら……つづきを読む

No.9085

参議院ODA調査第2班ブータン・タイ視察5日目⑤モンクット王工科大学ラカバン校(KMITL)産業人材育成プロジェクト(タイ)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 視察5日目。9日は午後からモンクット王工科大学ラカバン校(KMITL)を視察。 モンクット王工科大学工学部長(KOSEN―KMITL校長)、国立高等学校専門学校機構 栗原特命教授、加納教授らからKOSEN―KMITL事業の説明を伺った後、教室・実験室の視察。 (事業概要) タイの工業化を支える工科系人……つづきを読む

No.9084

参議院ODA調査第2班ブータン・タイ視察5日目④ODA関連日本企業の方々と懇談(タイ)

参議院ODA調査第2班(有村治子団長)として1月5日から10日までの期間でブータン・タイを視察。 視察5日目。9日はODA視察の後、ODA関連日本企業の方々との懇談会に出席。 参加メンバーは、土田正之(SMCCタイランド株式会社 会長)、川崎淳司(JapanTtransportationTtechnology(thai land)Co,Ltd社長) 仲野真司(タイ住友商事会社 社長)、児玉好人(日……つづきを読む

No.8895

西アフリカの在京ベナン共和国 アデチュブ大使らが国会に来訪(東京都)

西アフリカの在京ベナン共和国 アデチュブ大使らが国会事務所に来訪。(30日) ベナン共和国は、西アフリカに位置する共和制国家。南北に長く、西にトーゴ、北西にブルキナファソ、北東にニジェール、東にナイジェリアと接し、南は大西洋のギニア湾に面しています。バスケットボールの八村塁選手の父親がベナン出身です。谷合正明参議院議員も駆けつけてくれました。 大使とは3回目で、観光や産業促進で意見交換しました。素……つづきを読む

No.6377

l国際都市 ジュネーブ・国連欧州本部 パレ・デ・ナシオン前広場の「壊れた椅子」(スイスジュネーブ)

国際都市ジュネーブには、国連欧州本部の他、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、WHO(世界保健機構)、WTO(世界貿易機関)など20以上の国連機関の本部が所在し、ジュネーブで行われます。 これら機関の年間会議数は、ニューヨークよりも多いとされます。国際公務員をはじめとする外国人率が極めて高く、ジュネーブ市では外国人比率が46.7%に上ります。 訪問したITU(国際電気通信連合)本部のビル15階……つづきを読む

No.6376

IPUジュネーブ会議5日目②レマン湖の港付近を散策(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議5日目。最後の本会議が夕方終了しました。(27日)来年4月開催の136回IPU会議の場所はバングラディシュです。 ホテルに戻り、港の近くを散策。やっと時間が取れました。また天気も晴れてレマン湖をかもめが飛んでいます。 鯉のぼりも風に吹かれて泳いでいます。時間は17時30分。日本は深夜です。 会議では多くの皆様との交流ができ、またWHOやITUなど国際機関も視察が出来ました。感謝……つづきを読む

No.6375

「IPUジュネーブ会議」5日目① WHO(世界保健機関)を訪問(スイスジュネーブ)

27日朝、スイスジュネーブにあるWHO(世界保健機関)本部を訪問。 木阪明美 事務局長室対外関係担当官・ロバート・ジョイコブ情報データ調査局医療担当官から「WHOの概要、ICD11(国際疾病分類)の動向について」其々、話しを伺いました。 【WHOの概要】木阪明美担当官 WHO(世界保健期間)は、1948年発効された世界保健機関憲章により設立された保健衛生の分野を担当する国連の専門機関。 「すべての……つづきを読む

No.6374

「IPUジュネーブ会議」4日目④スイスの在留邦人の方々との意見交換会(スイスジュネーブ)

「IPUジュネーブ会議」4日目。26日、スイスの在留邦人の方々との意見交換会が開催されました。 参加された方々は、ジュネーブ日本人会会長のアベル美穂(ANA支店長)、JETRO 中園正巳所長、大和証券 高橋真学支店長、サンスター 白川英一執行役員、スイスロマンド管弦楽団 山本いずみさんと在ジュネーブ領事事務所の方々ら(青木豊主席領事・久保田一成領事)。 議員団から高野光二郎副団長(自民党参院議員)……つづきを読む

No.6373

「IPUジュネーブ会議」4日目③本会議一般討議で高野光二郎副団長が登壇(スイスジュネーブ)

IPUジュネーブ会議4日目。(26日)昨日に引き続き、第2委員会(持続可能な開発、金融及び貿易)に出席。夕方の16時30分から。 「ハゲタカファンドの活動に対抗するための議会の役割」に関するパネルディスカッション。 また並行して開催されている本会議での一般討議。参議院議員団の副団長の高野光二郎議員(自民党)が18時過ぎに登壇。 議題3の「紛争の前兆としての人権侵害:初期対応者として各国議会が果たす……つづきを読む