公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9926

川崎市で「新型コロナウイルスワクチン接種会場運営訓練」(神奈川県川崎市)

27日午後、集団接種の会場を想定した初めての「新型コロナウイルスワクチン接種会場運営訓練」が神奈川県川崎市立看護短期大学で開催されました。
川崎市と厚労省の共催でファイザー社の協力で、ワクチン接種の設営・運営に関する訓練です。訓練は川崎市内の短期大学の体育館で行われ、医師や看護師、それに市の職員などおよそ60人が参加して、受け付けから問診、ワクチンの接種など一連の流れを確認しました。

最初に主催者の厚労省を代表して挨拶。福田紀彦川崎市長挨拶の後、接種運営訓練を視察。

接種手順は、受付、予診票記入、予診票確認、予審、接種待機、接種、接種済交付、経過観察の流れ。接種を終えた人は日付などが記された接種済証を受け取ります。接種済証には、どのワクチンを接種したかなどの情報が記載されていて、2回目の接種を受ける際に必要になります。

視察後記者会見も行いました。
本日の訓練や事前の準備の模様は、動画で、全国の地方自治体や医療関係者に共有し、それぞれの地域における接種体制の構築に向けて活かしてまいります。



コメント