公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9874

「新型コロナ対策、地域医療、災害医療などで懇談」松山赤十字病院 西崎副院長と(愛媛県松山市)

愛媛県松山市の松山赤十字病院を笹岡博之県代表、太田幸伸松山市議と訪問。(27日)
故郷の両親が大変お世話になっている病院でもあります。肝胆膵外科のスペシャリストの西崎隆副院長と「新型コロナ対策、地域医療、医師の働き方改革、災害医療など」で懇談。      

松山赤十字病院は大正2(1913)年に開設され今年度で107年。2005年に地域医療支援病院に承認され、地域の医療機関、施設との連携のもとに地域完結型の医療を実践。
急性期医療を提供できるベッドとして 『高度急性期病床』 24床と急性期病床を608床配備し、診療科目(32診療科)。
急性期医療を提供するために204名の医師、766名の看護師、専門的な業務を行う医療技術者200名、事務職員247名、その他職員91名。合計1508名の人員(平成31年現在)。

「新型コロナの対応状況、災害医療の取組みと課題、医師の働き方(外科医の場合)、児童虐待など」広範囲の内容で意見交換。大変参考になりました。
ありがとうございました。



コメント