公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8242

シーズ(作る人)・ニーズ(使う人)のマッチング交流会・障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2018」①(東京都)

障がい当事者のニーズをより的確に捉えた支援機器開発の機会を創出すべく、シーズ(作る人)・ニーズ(使う人)のマッチング交流会・障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2018」が13日、TOC有明コンベンションホールにて開催され、見学しました。
4年連続の見学で、厚生労働省 障害者自立支援機器等開発促進事業の一般公開で主催は公益財団法人テクノエイド協会です。
交流会では、開発や改良等を行う機器の展示を行うと共に、障がい当事者と企業・研究者・政府系の研究開発支援機関等が一堂に会し、体験や交流を通じて、良質な支援機器の開発、この分野への新規参入の促進を図ります。出展企業・団体も増え、内容等も拡充。全国で 福岡・大阪・東京で開催されました。入場は無料です。
昨年に続き、私と交流のある企業・団体が数多く出展されていました。

• (株)マイクロブレインの金子訓隆取締役もその一つです。厚労省の障害者自立支援機器等開発促進事業で採択された企業です。
発達障害者への治療の不安や恐怖を軽減する口腔ケア支援ソフト「はっするでんたー」は平成30年度好事例普及事業の好事例賞に選ばれました。
また「知的・精神障がいの就労を支援するだれでもワークプロの改良」として「だれでもワークプロ for iPad」も展示。

• (株)エクセルシアの足立寛一社長はライフラインを必要としない高機能な排泄処理剤によるバリアフリー仮設トイレの開発をされました。(厚労省の障害者自立支援機器等開発促進事業で採択された企業)

• レデックス(株)五藤博義社長は障害児の認知機能をゲームで測定し、個別支援を充実させるソフトを開発。

障がい者にとっての支援機器。今後さらに推進出来るよう取り組んでまいります。



コメント