公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.7762

被爆73年 広島原爆の日②「広島県原爆被害者団体協議会 被爆73年原爆死没者追悼慰霊式」に山口代表と参加(広島県広島市)

6日、被爆73年 広島原爆の日。「広島県原爆被害者団体協議会 被爆73年原爆死没者追悼慰霊式」に山口那津男代表・斉藤鉄夫幹事長代行・谷合正明参院議員と共に出席しました。 広島県被団協理事長・日本被団協代表の追悼のことばの後、来賓代表として山口代表があいさつ。 「被爆から73年が経過し、あらためて原爆死没者の皆様の御霊に心から哀悼の意を表します」と述べた上で、 昨年7月核兵器禁止条約採択が実現した事……つづきを読む

No.7761

「被災者に寄添う公明党」真備町内を森分市議と(岡山県倉敷市)

4日午後から岡山県倉敷市真備町を森分倉敷市議と共に被災に遭われた方々をお見舞いに廻りました。 犠牲者52名、町の27%にあたる浸水面積1200ヘクタールと広範囲に浸水した真備町。町内を回りあらためて、災害ゴミが至る所に置かれる等被害の大きさを痛感しました。 避難所である倉敷市立二万(にま)小学校へ。13日に山口代表らと訪れた場所です。ダンボールの仕切りやテレビ、休息用のイスなど環境は良くなっていま……つづきを読む

No.7760

被災から1ヶ月「最前線で被災者とともに」公明党岡山県本部災害対策本部(倉敷市真備町)

4日、高松市での終戦記念日街頭を終え、豪雨で大きな被害のあった岡山県倉敷市真備町へ。現地に開設している公明党岡山県本部災害対策本部を訪問。 西日本豪雨を受けて公明党岡山県本部災害対策本部(本部長=高橋英士県議)は、犠牲者52人、浸水面積1200ヘクタールのとりわけ大きな被害が発生した倉敷市真備町地区の“ど真ん中”に現地災害対策本部(本部長=森分敏明市議)を設置し、被災した住民に寄り添った支援を続け……つづきを読む