公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.7219

公明党愛媛県本部2017団体ヒアリング①(愛媛県行政書士会)(愛媛県松山市)

公明党愛媛県本部2017団体ヒアリングが2日終日、松山市内で開催されました。 公明党から石田政調会長・笹岡県代表(県議)、木村県幹事長(県議)、丹生谷副代表(松山市議)らと共に参加。 午前は太田松山市議の司会で、愛媛県行政書士会から要望を伺いました。 【愛媛県行政書士会】 参加者:矢野浩司会長・山本大樹会長・幸後洋子副会長・矢野浩司名誉会長。 要望内容 「所有者不明土地問題」「空き屋問題」などにお……つづきを読む

No.7218

香川県宇多津町谷川町長らが来訪「国保制度の改善に関する陳情書」(東京都)

30日、香川県宇多津町の谷川俊博町長、香川県医師会の小西久典副会長(香川県医師国民健康保険組合常務理事)が国会事務所にt来訪。 「国保制度の改善に関する陳情書」を持参され、要望内容を伺いました。 国民がどこでも安心して医療が受けられる現在の国民皆保険体制を維持するためには、最後の砦(セーフティネット)である国保制度の安定化が必要です。医療保険制度の一本化の早期実現と健全な運営の確保などの要望を伺い……つづきを読む

No.7217

「地方の意見を反映した税財政に!」自治労の要望(東京都)

29日、衆院第2議員会館で、全日本自治団体労働組合(自治労)の青木真理子副中央執行委員長らから来年度予算編成に関する要望を受けました。 公明党から石田祝稔政調会長と共に要望を伺いました。 青木副委員長は、高齢化に対応した社会保障予算の充実や大規模災害対策の拡充などを要請。地方税財政に関する法改正や計画策定などに当たっては、地方の意見を十分に聴取し、反映させるよう求めました。石田政調会長は「しっかり……つづきを読む