公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7181

「森を育てる豊かな暮らし 森が育む未来」第41回全国育樹祭(香川県まんのう町)  

19日午前、第41回全国育樹祭が皇太子殿下・妃殿下ご参列の下、香川県まんのう町の満濃池森林公園で開催されました。

全国育樹祭は、全国各地から緑化関係者等の参加を得て、皇族殿下によるお手入れや、参加者による育樹活動を通じて、活力ある緑の造成気運を高め、次世代への連帯を深めることを目的とした行事で、昭和52年に大分県で開催されてから、毎年、全国植樹祭が開催された都道府県において開催されています。

県内外から5千名が参加。「森を育てる豊かな暮らし 森が育む未来」をテーマに、皇太子さまの樹木のお手入れなどを通じて、水源のかん養や土砂災害防止といった森林の多面的な機能を再認識し、県民が一体となった森づくりを誓います。

オープニングアトラクションでは伝統芸能の讃岐まんのう太鼓保存会・讃岐獅子舞保存会・杉ノ上太鼓保存会・鳥洲西太鼓保存会の素晴しいパフォーマンスがありました。

式典で皇太子殿下のお言葉に続いて、緑化活動の表彰、素晴しい緑の少年団活動発表(美島緑の少年団)。
1988年の植樹祭で天皇、皇后両陛下がヒノキとクロガネモチを植樹しており、皇太子殿下・妃殿下はこの樹木の枝打ちや施肥が行われました。

式典では、県出身のアーティストの演奏(川井郁子さんのバイオリン等)・バレエ・ダンスパフォーマンスや地元に伝わる雨乞い踊り等の伝統芸能も披露され、素晴しい式典となりました。



コメント