公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5615

岡山県知事らと共に「国際バルク戦略港湾・水島港の早期事業化」を石井国交相に要望(東京都)

20日、岡山県の伊原木知事と水島港穀物取扱運営協議会(MzGIC)種田俊彦会長らと共に、国交省を訪れ、石井啓一国土交通大臣に「水島港の港湾整備に関する要望」を行いました。19日には水島港を視察し、種田会長(瀬戸埠頭(株)社長)など国際バルク戦略港湾(穀物)の施設を視察し、概要や課題など伺ったばかりでした。

伊原木知事らは、国際競争力を強化するために大型輸送船に対応する「国際バルク戦略港湾」に水島港が指定されていることから、港湾計画の変更や施設整備の支援を強く求めました。(下記要望内容)石井国土交通大臣は要望に理解を示されました。今後とも早期事業化実現に向け支援してまいります。

要望内容



コメント