公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2012年11月の記事

No.3625

衆院選大勝利へ!都内挨拶まわり(東京都)

久しぶりの東京。国会議事堂も秋から冬へ。閑散としている。 いよいよ衆院選の公示まで後4日。投票まで16日。 TVでの党首討論もあり、山口代表が登場。明快な内容で、議論をリード。 本日は都内の企業・団体回り。明日からは投票日まで四国中心の活動。四国1議席死守へ全力で頑張ってまいりたい。

No.3624

愛媛県社会保険労務士会の方々と懇談(愛媛県松山市)

東温市から松山市に移動。大変冷たい雨。 笹岡県代表と企業・団体挨拶まわり。 愛媛県社会保険労務士会(土居会長)の幹事会に出席。 公明党比例区候補の推薦決定の御礼と共に挨拶をさせていただく。 社労士の数は本年7月現在で3万7083人。この10年間で1万人増え、年金、雇用など活動分野が多岐になり、国民生活には欠くことの出来ない存在になっている。 今後、社労士法の改正も含め、課題に対して党として取り組む……つづきを読む

No.3623

障がい者施設・社会福祉法人馴鹿(となかい)にて意見交換(愛媛県東温市)

丸亀市から愛媛県東温市に移動。 丸山東温市議と共に障がい者施設 社会福祉法人馴鹿(となかい)を視察。松浦理事長と懇談。課題・要望を伺う。 【現在の事業 平成19年新体系移行】 障がい福祉サービス事業『アイセルプ』 ・現在就労支援継続B型(40名)アイセルプ、生活介護(ぽっぽの家) 障がい者福祉サービス事業『トナカイ福祉交流館あい』 ・就労移行支援(10名) 就労継続支援B型 【課題、要望内容】 就……つづきを読む

No.3622

第45回香川県身体障害者福祉大会で挨拶(香川県丸亀市)

早朝松山市から丸亀市へ移動。 第45回香川県身体障害者福祉大会が丸亀市にて開催された。香川県内身体障がい者5万人の代表600名が参加。 長尾会長開会の挨拶。障がい者福祉に貢献のあった方々の表彰の後、来賓として挨拶。 日頃の感謝と共に、公明党の取り組んできた障害者年金の加算、地域移行のグループホームへの住宅費補助、就労・雇用環境改善へ障害者優先調達推進法の成立等、中心となり障がい者福祉を推進してきた……つづきを読む

No.3621

愛媛県最南端愛南町での地域フォーラム・町長訪問(愛媛県愛南町)

吉田町から愛南町へ移動。宇和海に夕日が。海と島々にオレンジ色の光の道。雄大な自然に心癒される。 愛南町清水町長を田口町議と表敬訪問。南海トラフ対策、命の道路整備、水産業の活性化など意見交換を進めた。 夜の地域フォーラムでは大勢の地域の方々が参集いただく。 国政報告・自由な質疑も含め1時間。 本日4か所での地域フォーラム。約300名以上の方々と懇談。 本当に感謝です。

No.3620

鬼北町、吉田町での地域フォーラム(愛媛県輝北町、宇和島市吉田町)

午後から愛媛県鬼北町、宇和島市吉田町での地域フォーラムが開催された。 福原鬼北町議・松本宇和島市議と共に出席。地域の方々が大勢参加いただき、其々1時間ずつ懇談。 TPP、原発、年金などの質疑以外に中山間地域にも引きこもりの若者が多い状況など伺い、深刻さを痛感。 皆様大変にありがとうございました。

No.3619

大洲地域フォーラムで公明党1議席死守へ!熱い訴え(愛媛県大洲市)

午前中、大洲市内において地域フォーラムを開催。 二宮総支部長(西予市議)の挨拶の後、国政報告。 約40分間。後18日後の衆院選勝利へ、民主党政権の失政、政党選択の基準、公明党の実績、具体的政策など訴える。 最後は勝利への勝鬨。 予定の倍以上の方が集まり、会場は満席。大洲・内子地域の皆さん本当に感謝です。ありがとうございました。

No.3618

重症心身障害児(者)施設「幡多希望の家」を訪問(高知県宿毛市)

四万十市から宿毛市に移動。 野々下市議と重症心身障害児(者)施設「幡多希望の家」を訪問。 松浦理事長・施設長から課題、要望を伺う。 現在48名が入所。在宅支援は約30名。医師や看護師、療育員などスタッフは約100名。 課題は、 ①募集をかけても看護師、作業療法士、理学療法士が集まらない ②発達障害児(幡多地域に約50名以上)が多く、支援が行き届かない事等。 都会と違い地方の悩みは大きい。今後対応を……つづきを読む

No.3617

自然豊かな四万十市 地元市議との廻り(高知県四万十市)

須崎市から四万十市へ移動。途中津波高34.4㍍の黒潮町を通過。視察を思い出す。 (訪問のブログ) https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/cat73/2012/07/14_3394.html 四万十市は、高知県南西部における拠点都市であり、市の中心部付近は四万十川によって形成された沖積平野である中村平野が広がっている。 市域の大半は山林である。人口3万5……つづきを読む

No.3616

地域に根差す公明党!須崎市まわり(高知県須崎市)

土佐市から須崎市へ移動。 須崎市は高知県の中西部に位置し、国の天然記念物のニホンカワウソが最後に目撃をされた清流新荘川など、海・山・川の自然と厚い人情にあふれた人口約25,000人の太陽の光あふれる美しい町。 津波約13メートルの須崎市(南海トラフ巨大地震)。 須崎市の佐々木市議と共に市内をまわり、要望等伺う。 地域に深く根ざし、国民の”目”や”耳”となって現場の声から国政を動かす公明党!