公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3455

4千万本を植えた宮脇先生の命からの叫び!「地域経済と共生するいのちの森づくり」瀬戸内海フォーラムにて(岡山県岡山市)


挨拶


瀬戸内海フォーラム座長挨拶


高松市内の街頭演説・まわりを終え、高松駅からマリンライナー号で岡山に向かう。

「輝く岡山を創る議員連盟・瀬戸内海フォーラム」記念講演会に出席。


宮脇先生の講演


公明党岡山県本部主催で「防災といのちの森づくり」をテーマとして、横浜国大名誉教授 宮脇昭先生を講師に迎えてのフォーラム。講演会のタイトルは「地域経済と共生するいのちの森づくり」
~岡山から世界へ~

県内の首長・行政・経済界・団体など多くの方々が参加いただく。

最初に瀬戸内海フォーラム座長として挨拶。今までの瀬戸内海フォーラムの取組みと今後について、さらに公明党の離島振興対策について訴える。

宮脇先生から約1時間40分の講演。時間も全く感じさせない内容。


300円の苗(横浜国立大学の植樹)


植樹後の横浜国立大学


宮脇先生は岡山県旧成羽町(現高梁市)出身。ドイツ国立植生図研究所長のチェクセン教授に師事し、帰国後は徹底した我が国の植生調査を実施。


従来の防潮林 (津波で根こそぎ) 


1万5千本植樹


現在の姿(小学校前)


その土地本来の木を混稙・密植する「宮脇方式」による森づくりを進め、これまでマレーシアの熱帯雨林の再生、中国の万里の長城など国内外で1700か所以上4000万本の木を植樹。

東北地方太平洋沿岸に森の長城を築く「森の防波堤」構想を提唱され、実証実験にも取り組まれている。


植樹前


植樹後


震災にも負けないほんものの木


東日本大震災でも土地本来の植生に基づいた「ほんものの森」は津波に負けず生き残った。その防災力に着目し、震災の瓦礫を用いて土塁を築き、植樹をして長大な緑の防波堤を気づく事を提言。


大槌町の挑戦


震災後の大槌町


大槌町「千年の杜」


森の防潮堤


津波で甚大な被害にあった大槌町などでタブノキなど19種類4500本の苗木を植え「森の防波堤」構想に向け挑戦中。


21世紀の鎮守の森づくり


映像を活用し、わかり易く、迫力ある講演の感動。心の底から共感。希望・元気が湧く。84歳のバイタリティーに脱帽。


桝屋議長


大勢の皆様


最後は桝屋敬悟中国議長(前衆議院議員)の閉会挨拶。

【講演で感銘を受けた言葉】
「木を植えることは、いのちを植えること。明日を植えること、心に木を植えること。」
「木を3本植えれば森になり、5本植えれば森林になる」



コメント