公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.3299

南海トラフ巨大地震対策!津波高34.4㍍の黒潮町へ②(高知県黒潮町)

? 34.4㍍の最大津波が推計される黒潮町。大西町長の案内で視察。人口の9割以上1万5百人が浸水地域に。 中でも保育園、小中学校を抱える佐賀地域は津波約25㍍。 白浜地区は34.4㍍。 高台移転も含め、町単独では進まず、国の支援が急務。自公提出の南海トラフ特措法成立を強く要望される ③佐賀中学校の文教地域(標高4㍍) ・中学校の3階建て10m。津波浸水深は24.7㍍。 佐賀中学校は立て替えたばかり……つづきを読む

No.3298

南海トラフ巨大地震対策!津波高34.4㍍の黒潮町へ①(高知県黒潮町)

南海トラフ巨大地震で、最大津波高34.4㍍と推計された黒潮町へ。 黒潮町(くろしおちょう)は、高知県西南部の町。2006年(平成18年)幡多郡の佐賀町と大方町が合併して誕生した。人口は1万1959人(2012年4月現在)国内有数のカツオ一本釣り漁の基地でも有名。 黒岩県議、安岡四万十市議と共に視察。大西町長・松本情報防災課長の案内で4か所をまわる。 ①黒潮町藤縄 海から3.5㌔の地点まで津波の浸水……つづきを読む