公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.3218

香川県浜田知事など首長来訪。要望を伺う(東京都)

午後から香川県浜田知事が事務所に来訪。 平成25年度政府予算等に関する政府提案・要望を伺う。四国の防災拠点の整備等、9つの最重要項目・19の重点項目の内容。 さらに香川県の観音寺市の白川市長(全国街路事業促進協議会)、愛媛県東温市高須賀市長(全国市長会)、愛媛県東京事務所長(愛媛県平成25年度政策提案)らが事務所に来訪され、要望を伺い、意見交換を進めた。 地域の皆様の声が反映できるよう頑張ってまい……つづきを読む

No.3217

古川大臣へ!「生命と生活を守るICT利活用の推進に向けた緊急提言」 (東京都)

公明党 IT技術活用検討プロジェクトチーム(古屋座長)として、古川国家戦略担当大臣に「ICT利活用の推進に向けた緊急提言」として申しれを行う。 情報通信メディアは、国民の生活や経済に欠くことのできないものとなっており、東日本大震災を契機にその重要性があらためて認識されている。 また災害発生時に生命と生命を守る重要なライフラインでもある。震災に強い情報通信のインフラ整備と災害対応の情報通信システムの……つづきを読む

No.3216

「こころの健康基本法の制定を定める国会請願署名72万筆提出集会」(東京都)

「こころの健康基本法の制定を定める国会請願署名72万筆提出集会」に出席。 「こころの健康基本法」制定めざし、全力で頑張る旨、挨拶をさせていただく。。 全国精神保健福祉会連合会や全国ひきこもりKHJ親の会の方々など多くの皆様が参加され、当事者・家族市民の声を伺う。 夕方には、署名簿を持参された東京都精神障害者家族会連合会(東京つくし会)野村会長やNPO法人エルブ 島本理事長等が来訪。課題・要望など伺……つづきを読む

No.3215

特措法制定へ議論開始/南海トラフ地震で自公プロジェクトチーム

 <これまでの活動記録> 自民、公明両党の「南海トラフ巨大地震対策特別措置法(仮称)策定プロジェクトチーム」(PT)は5日、衆院第2議員会館で初会合を開き、同特措法案の骨子について意見交換した。公明党から西博義PT共同座長、石田祝稔PT事務局長の両衆院議員、山本博司参院議員が出席した。 同法案は、駿河湾から日向灘に至る地震帯「南海トラフ」に起因する地震被害から国民の命と財産を守るため、特に被害が大……つづきを読む