公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2756

漁業を守れ!全国漁業代表者総決起集会(東京都)

全国漁業代表者総決起集会に参加。 主催者 ・全漁連協同組合連合会 服部会長の挨拶。 宮城県・福岡県の漁業者の意見表明。 友誼団体メッセージの後、下記決議を採択。 【漁業用燃油にかかる恒久的な免税措置等に関する決議】 1.漁船に使用する軽油にかかる軽油取引税の免税措置について、恒久化する事 2.農林漁業用A重油にかかる石油石炭税の免税・還付措置について、恒久化する事。 3.地域温暖化対策税については……つづきを読む

No.2755

北川正恭代表幹事の講演【社会保障と税の共通番号検討PT】(東京都)

社会保障と税の共通番号検討PT(西座長)が開催。 『わたくしたち生活者のための「共通番号」推進協議会』 北川正恭代表幹事(早稲田大学大学院教授)から推進協議会の取組みについての講演。 「共通番号」について説明を受け、意見交換を進めた。 ・推進協議会 昨年12月5日発足。 【協議会の趣旨・目的】 ①国民の暮らし・生活基盤の立て直し ②政府・行政の立て直し(中央政府・地方政府を通じた仕事の見直し) ③……つづきを読む

No.2754

臨床検査充実で要望受ける

 <これまでの活動記録> 公明党の臨床検査技師制度改革議員懇話会の江田康幸会長(衆院議員)、山本博司幹事長(参院議員)は8日、衆院第1議員会館で日本臨床検査技師連盟の小沼利光委員長らから、来年度予算編成などについて要望を受けた。上田勇前衆院議員も出席した。 小沼委員長は「臨床検査データの標準化は重複検査防止による医療費抑制効果を生む」と強調。現在、技師連盟として独自に検査精度の管理などに努めている……つづきを読む

No.2753

 <これまでの活動記録> 公明党の社会保険労務士議員懇話会(会長=井上義久幹事長)は8日、参院議員会館で全国社会保険労務士政治連盟(堀谷義明会長)と全国社会保険労務士会連合会(金田修会長)から要望を受けた。山口那津男代表らが同席した。 堀谷会長らは、裁判外紛争解決手続き(ADR)機関が全国で39カ所開設されていることを紹介。法サービスを国民に普及する観点から、運営費についての支援を要請するとともに……つづきを読む