公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2361

参議院本会議で補正予算の質疑がスタート(東京都)

16時30分から東京電力福島第一原子力発電所災害対策本部が開催。 原子力損害賠償紛争審査会(第3回)での一次指針(案)について文部科学省からヒアリング。意見交換を進める。 19時から参議院本会議が開催され、補正予算の財政演説・質疑が行われた。公明党から荒木議員が登壇。菅政権の震災対策を糾弾。 明日から衆参の予算委員会で論戦が行われる。5月2日には災害対策特別委員会で補正予算関連法案の質問の予定。し……つづきを読む

No.2360

「全国パーキンソン病友の会」の方々からの請願の要請(東京都)

午後から全国パーキンソン病友の会 広島県支部の水野ご夫妻・福岡県支部小嶺事務局長が来訪。 「パーキンソン病患者・家族の治療療養生活の質的向上の総合対策を要望する請願書」の署名簿1623筆を持参され要請を伺う。 難病患者の方々の支援に全力で取組んでまいりたい。

No.2359

原子力政策見直しの提言・鈴木原子力委員長代理の講演・意見交換(東京都)

午前中「総合エネルギー政策委員会地球温暖化対策本部・経済産業部会・環境部会合同会議」が開催。 「3・11後の原子力政策の見直し」について鈴木内閣府原子力委員長代理からヒアリング・意見交換。 鈴木委員長代理の要旨 1.事故について(当面優先すべき課題) ①この事故のもつ国際的な重要性と我が国の責任 ②事故調査の在り方(独立で透明性の高い調査委員会の設置を) ③収束から復興に向けての体制づくり ④福島……つづきを読む

No.2358

賠償指針 丁寧な説明を/党原発災害対策本部/補償対象で政府に訴え

 <これまでの活動記録> 公明党の東京電力福島第1原子力発電所災害対策本部(斉藤鉄夫本部長)は28日、衆院第1議員会館で、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会がこの日提示した損害賠償に関する1次指針について、同省から報告を受け、意見を交わした。 1次指針では、住民の避難や屋内退避のための費用に加え、精神的損害、農水産物の出荷制限による損害などを補償対象とする方針が示された。審査会は段階的に指針を策……つづきを読む