公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2283

「脳脊髄液減少症の最新の動向について」講演・意見交換(東京都)

脳脊髄液減少症対策WT。「脳脊髄液減少症の最新の動向について」 国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科 篠永正道教授の講演を伺う。 脳脊髄液減少症は、交通事故やスポーツ外傷等による、頭部や全身への強い衝撃が原因で、脳脊髄液が漏れ、減少することによって、頭痛、めまい、吐き気、記憶障害、不眠等、多種多様な症状に苦しめられる病気。 平成18年渡辺参議院議員の委員会質問により、平成19年(2007年)脳脊髄液……つづきを読む

No.2282

B型肝炎訴訟・一律救済による全面解決へ!全力で取組む公明党 (東京都)

「党肝炎対策PT」が開催。山口代表が出席し、全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団との要請を受け、意見交換。 原告団谷口三枝子代表・弁護団佐藤哲之代表から一律救済の要請の趣旨の内容が伝えられ、熊本・北海道の原告団・家族の方々からも切実な訴えがある。 山口代表からはB型肝炎訴訟において、発症後20年を経過した被害者が等しく一律救済できるよう、政府に働きかけるとともに、立法による解決も含めて全力で取組む事をお……つづきを読む

No.2281

軽度外傷性脳損傷(MTBI)の調査研究がスタート・改善へ前進(東京都)

昨日(8日)国土交通部会・厚生労働部会合同会合が開催。「軽度外傷性脳損傷(MTBI)の自賠責保険後遺症の見直し」について厚生省・国土交通省からヒアリング・意見交換を進めた。 MTBIは脳の神経線維(軸索)が、交通事故などで損傷し発症し、記憶力の衰えや歩行困難など様々な症状を伴う病気。 損傷が画像検査で発見されにくく診断基準もないため、適切な治療や補償を受けられない患者が多く、患者の皆様から要望を受……つづきを読む

No.2280

4月から研究始める/党合同会議で厚労省 公明の主張受け方針/軽度外傷性脳損傷

 <これまでの活動記録> 公明党の国土交通部会(長沢広明部会長=参院議員)と厚生労働部会(渡辺孝男部会長=同)は8日、参院議員会館で合同会議を開き、軽度外傷性脳損傷(MTBI)の研究などについて厚労省などから説明を受けた。 MTBIは、脳の神経線維(軸索)が、交通事故などで損傷して発症し、記憶力の衰えや歩行困難などさまざまな症状を伴う病気。損傷が画像検査で発見されにくく診断基準もないため、適切な治……つづきを読む