公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2274

「サービス付き高齢者向け住宅制度」創設へ意見交換(東京都)

午前中、国土交通部会にて、今国会提出される「都市再生特措法・高齢者居住安定確保法」の法案について担当部局からヒアリングを受け、意見交換を進めた。 高齢者人口がこの10年間で、2900万人から約3600万人。高齢者単身・夫婦世帯も約1000万世帯から1245万世帯と高齢者単身・夫婦世帯増加の中で高齢者の居住の安定確保は大事な政策である。 今回のサービス付き高齢者向け住宅制度創設。 介護・医療と連携し……つづきを読む

No.2273

「介護療養型施設は必要」「存続を求める会」と意見交換(東京都)

3日夕方、厚生労働部会(渡辺部会長)が開会。 「介護療養型医療施設の存続を求める会」の吉岡事務局長らからヒアリング・意見交換を進めた。 厚生労働省は同施設を2011年度末に廃止し、その他の介護保険施設を今後の受け皿とすることを決めている。 吉岡氏は、受け皿となった老人保健施設の利用者の53%以上が、その後医療機関に入院した同会の調査結果を紹介され、「介護療養型医療施設の廃止と受け皿施設への転換は失……つづきを読む

No.2272

介護療養型施設は必要/「存続を求める会」と意見交換/党厚労部会

 <これまでの活動記録> 公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は3日、参院議員会館で「介護療養型医療施設の存続を求める会」の吉岡充事務局長らと会い、意見交換した。 厚労省は同施設を2011年度末に廃止し、その他の介護保険施設を今後の利用者の受け皿とすることを決めている。 吉岡事務局長は、受け皿となった老人保健施設の利用者の53%以上が、その後、医療機関に入院したという同会の調査結果を紹……つづきを読む