公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2221

故郷八幡浜市の児童養護施設「八幡浜少年ホーム」視察(愛媛県八幡浜市)

愛媛県八幡浜市の児童養護施設「八幡浜少年ホーム」を地元清水市議と視察。 昨年末からタイガーマスク運動で有名となった児童養護施設。全国575か所。約3万人が暮らしている。 愛媛県には10か所あり、故郷八幡浜の現場を訪問。岩井園長と意見交換を進める。 定員40名で現在37名。5歳から高校3年生まで。保護者のいない児童や虐待を受けている児童・また様々な環境上養護を要する児童が入所している。 発達障害など……つづきを読む

No.2220

「明日の果樹を語る」 JAにしうわの方々と意見交換・要望を伺う(愛媛県八幡浜市)

故郷八幡浜市の実家の朝からスタート。 地元のJA西宇和の方々と「明日の果樹を語る会」として意見交換。地元国会議員・県会議員も参加。 愛媛県西宇和産地の情勢と課題を伺う。 JAにしうわ高月経営管理委員会会長・田中理事長はじめ西宇和10箇所の共選長など農業関係者が一同に集われ、下記内容を要請される。 ①果樹集出荷・選果施設の補修等に対する支援 ・センサーやパソコン更新等補修が必要な施設(川上・保内・中……つづきを読む

No.2219

養成校を4年制大学に/放射線技師会から要請受ける/党厚労部会

 <これまでの活動記録> 公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は4日、参院議員会館で会合を開き、日本放射線技師会から診療放射線技師の育成充実などについて要望を受けた。太田昭宏全国代表者会議議長、坂口力、草川昭三の両副代表らが出席した。 技師会の北村善明理事は、診療放射線技師養成校の主流が近年、従来の短大・専門学校から4年制大学に移行していることを指摘。「臨床の中でしっかり教育しなければ……つづきを読む