公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.2109

障がい者12団体から意見・要望を伺う(東京都)

公明党障がい者福祉委員会(高木委員長)が開催され、「改正障害者自立支援法」成立の報告会と全国12の障がい者団体の方々からご意見・施工に向けての要望などを伺った。 公明党からは坂口副代表以下多くの国会議員が参加。 各団体から改正への歓迎の声が多く、安心する。 ・特に発達障害が障害者の対象に明記されたこと。 ・障害者向けのグループホーム・ケアホームの居住費の助成 ・障がい児支援の充実・強化(放課後デイ……つづきを読む

No.2108

徳島県との政策要望(東京都)

早朝7時過ぎの新幹線で岡山駅を出発。 青空に雄大な富士山がくっきりと美しい。 徳島県との政策懇談会を午後開催。公明党から石田議員・谷合議員と共に参加。 長尾・大西両県議も上京。徳島県から里見副知事や数藤次長から徳島県の重要課題について説明をうけ、意見交換を進めた。(下記要望) (「地域主権型」成長戦略の推進に向けて) 1.地方の自主財源の充実について 2.地域主権の確立に向けた社会資本整備の推進に……つづきを読む

No.2107

公明の尽力に心から感謝/改正障害者自立支援法の成立で/党福祉委 12団体と意見交換

記事分類

 <これまでの活動記録> 公明党障がい者福祉委員会(高木美智代委員長=衆院議員)は15日、衆院第2議員会館で障がい者団体12団体と意見交換会を開催。先の臨時国会で成立した「改正障害者自立支援法」について坂口力副代表は、「公明党が一生懸命に取り組み、(障がい者施策の)大きな一歩を踏み出すことができた。さらに前進できるよう頑張りたい」と強調した。 同改正法は、利用者の所得に応じた応能負担を原則とし、発……つづきを読む