公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.1970

「大島青松園の危機を救って!」要望を伺う(東京都)

本日は本会議など国会の行事・活動の合い間に、多くの方々が、国会事務所を来訪された。 ハンセン病訴訟弁護団の徳田弁護士や全国ハンセン病療養所 入所者協議会 神会長・藤崎事務局長が午後来訪。 「大島青松園の危機を救ってください」 ~官用船の民間委託を阻止するために~との内容の要望である。 大島青松園は全国13ある国立ハンセン病療養所のうち沖縄・奄美を除いて唯一、離島。高松市と対岸を結ぶ官用船の船員6名……つづきを読む

No.1969

第176回臨時国会が開幕!「戦う公明党」として全力投球へ(東京都)

本日より第176回臨時国会が開幕した。12月3日まで63日間の会期。 国対役員会の後、参議院議員総会。山口代表から「戦う公明党」としての決意が。参議院が主戦場となる。全力で頑張りたい。 10時から議席指定などの本会議。そして11時には衆参両院議員総会。 いよいよ63日間。山口代表・井上幹事長など臨時国会へ公明党の取組みについて、アピール。 国民の安心と安全のために、景気・経済対策、政治と金、外交政……つづきを読む

No.1968

医師偏在へ!調査結果概要をヒアリング・対策の検討へ(東京都)

朝8時30分から厚生労働部会が開催。「必要医師数実態調査の概要」を厚労省からヒアリングを受ける。 ・調査は今年6月、全国の病院とマタニティークリニック計1万262施設にアンケートを送付。医師の求人数や求人の理由などを聞き8698施設から回答を得た(回答率84.8%)。 ・調査によると、病院に勤務している医師数は約16万7千人。一方で、病院が現在求人している医師数は約1万8千人で、求人はしていないが……つづきを読む

No.1967

見守り体制の充実を/総務、経産両省に 高齢者不明問題で注文/党厚労部会

 <これまでの活動記録> 公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)は30日、参院議員会館で会合を開き、所在不明高齢者問題に関連して、総務、経済産業の両省から、高齢者の地域見守り施策などについて話を聞いた。 総務省の担当者からは、公明党が与党時代に推進し2009年度第1次補正予算で創設された「ユビキタスタウン構想推進事業」で実施されている各地の事例を紹介。携帯電話のGPS(衛星測位システム)……つづきを読む