公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2010年3月の記事

No.1648

党首討論・迫力ある山口代表vs逃げの鳩山総理(東京都)

8時30分から厚生労働部会・経済産業合同部会で、労働者派遣法について党内の意見交換を進めた。 10時から厚生労働委員会で介護保険法の質疑・採決が行なわれ、全会一致賛成で本会議に送付された。 13時から本会議が行なわれ、環境影響評価法の趣旨説明・質疑また厚生労働委員会での雇用保険法・介護保険法や文科委員会の高校無償化法案など採決があり、賛成多数で可決・成立となった。 15時から第2回目の党首討論。山……つづきを読む

No.1647

生活、雇用守る論戦展開/高校無償化課題解決を 山下氏/障がい者の工賃倍増へ 山本(博)氏

 <これまでの活動記録>  参院文教科学委員会は30日、高校授業料の実質無償化法案を採決し、民主、国民新、公明各党の賛成多数で可決した。31日の参院本会議で可決、成立の見通し。  同法案は公立高校では授業料を徴収せず、私立高校生には世帯の所得に応じて年11万8800~23万7600円の就学支援金を助成する内容で、施行は4月1日の予定。衆院の審議では、公明党の求めに応じて、施行3年後の見直し規定を付……つづきを読む

No.1646

若年者雇用・障がい者雇用促進へ!「雇用保険改正案」で長妻大臣に質問(東京都)

本日は終日厚生労働委員会で雇用保険法改正案の審議が行なわれた。 50分間の内容で長妻大臣に質問。 障がい者雇用・就労支援については、先週訪問の竜雲あけぼの学園の「竜雲うどん」の状況や香川県の障がい者支援協議会で要望を伺った内容等を中心に質問。支援拡充の答弁を求めた。 雇用保険法改正案は雇用情勢悪化の中での今回法案提出の背景、法案の中身、財政面、そして公明党の取り組む若年雇用について長妻大臣に聞く。……つづきを読む

No.1645

雇用保険法の質問準備・事務所来訪者と懇談(東京都)

先週、四国の徳島・香川で伺った障がい者の就労支援について、要望・課題など厚生労働省の担当の方々と意見交換。障がい者自立支援整備事業の今後や工賃倍増5ヵ年計画支援事業について、課題・要望を伝える。 午後から、国対役員会。事務所に愛媛県議会の西原議長・岡田副議長が来訪。愛媛県政の状況について伺う。 その後、国会事務所に訪問介護事業・デイサービス事業など介護看護の人材ビジネス事業を展開している会社勤務の……つづきを読む

No.1644

満濃池を日本一の桜の名所に!「さぬき夢桜」千本達成記念式典(香川県まんのう町)

午後より「さぬき夢桜一千本達成記念式典」に参加。 満濃池を日本一の桜の名所にとの思いに取り組まれた「NPO法人さぬき夢桜の会」和泉理事長以下大阪守口市から51名。福島豊前衆議院議員ご夫妻や西口守口市長夫人も参加された。栗田まんのう町長はじめ地元の方々とともに記念の植樹も。晴天の中、素晴らしい式典となった。 大阪守口市在住の「さぬき夢桜の会」和泉幸男理事長が式辞。亡くなられた奥様の悦子さんが初代理事……つづきを読む

No.1643

障がい者がつくる「竜雲うどん」が大繁盛・秘訣を伺う(香川県高松市)

午前中、高松市にある知的障害者授産施設「竜雲あけぼの学園」を訪問。村上施設長と障がい者就労について意見交換・要望を伺う。 「竜雲あけぼの学園」は、境内の一角にあり 約30名の利用者が各々の授産活動に励みながら、自立自活の道を探っている。授産課目として花卉栽培と製麺、その販売を行なっている。 花卉園花班は、20種以上の花を栽培し、販売。花持ちの良さで好評を得ている。 製麺班は、法人内施設の給食用とフ……つづきを読む

No.1642

快晴の中、大阪をまわり交流を深める(大阪府)

快晴の中、大阪府内を支援活動でまわる。JR環状線・関西空港線・阪和線や地下鉄など慣れない交通機関を利用し、大阪市・堺市など交流を深める。 父方の親戚の方々との交流では、祖父の話しや故郷の夏祭り等、懐かしい同郷の話題などで、貴重な一時を過ごす。 大阪はなんと言っても食べ物が美味く、安く、びっくり。また温かい陽気で、もうすぐ開花の桜など景色も素晴らしい。 夕方まで大阪をまわり、新幹線経由で高松に戻る。

No.1641

子ども手当て法案成立・雇用保険法の質問準備・大阪泊(東京都・大阪府)

午前中 参議院本会議で子ども手当て法案が賛成多数で可決・成立した。 午後からの厚生労働委員会では雇用保険法の一部を改正する法案の趣旨説明が行なわれた。 雇用失業情勢が厳しい状況が、非正規労働者の雇用の安定や雇用保険財政の安定的運営にも大きく影響を与えている。今回の法案はこうした状況に対応するため、非正規労働者のセーフティネット機能の強化や雇用保険の財政基盤の強化の内容になっている。 来週の火曜・3……つづきを読む

No.1640

「たんの吸引」や「経菅栄養」が特養で解禁へ!(東京都)

医師や看護師にしか認められていなかった、たん吸引などについて特別養護老人ホームの介護職員に一定の条件で認められる事となった。 「たんの吸引」は口の中の唾液などを機械で吸い出す吸引。胃に通したチューブから流動食を入れる「経菅栄養」。今後、研修を受けるなど看護師と連携して実施すれば違法でなくなる。実施には入所者の同意と研修のほか医師の指示のもと看護職員との連携が必要で、入所者の自己負担が増える事はない……つづきを読む

No.1639

子ども手当法案が可決/子育て支援 総合的な拡充急げ/参院厚労委で山本(博)氏

記事分類

 <これまでの活動記録>  参院厚生労働委員会は25日、中学卒業までの子ども1人当たり月1万3000円を支給する2010年度の子ども手当法案を採決し、与党と公明、共産両党の賛成多数で可決した。きょう26日の参院本会議で可決、成立する見通し。  採決に先立つ締めくくり総括質疑で公明党の山本博司氏は、同法案について「実質的な児童手当の拡充法案だ」と強調。子ども手当の財源を全額国庫負担で賄うとの民主党の……つづきを読む