公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.842

難病指定で患者救済を/エーラス・ダンロスとマルファン症候群/党PTと患者団体 渡辺副大臣に申し入れ

 <これまでの活動記録>  公明党難病対策プロジェクトチーム(PT、江田康幸座長=衆院議員)は21日、CTDサポーターズ協議会(釜山三重子会長)と日本マルファン協会(横関浩代表理事)の代表者とともに厚生労働省を訪れ、渡辺孝男厚労副大臣(公明党)に対し、エーラス・ダンロス症候群とマルファン症候群の難病指定を求める申し入れを行った。江田座長、古屋範子衆院議員、山本博司参院議員、田中良子・呉市議が同行し……つづきを読む

No.841

舛添厚労大臣・渡辺副大臣に申し入れ!(安心の年金・脳脊髄液減少症)(東京都)

午前には与党原爆被爆者対策PTが開催され、与党メンバーで意見交換を進める。 まず原爆症認定の状況について厚労省より説明を受ける。 4月から開始した新基準の認定者は712件で昨年度の5倍以上。今年度は約10倍の1800件を認定の予定。しかし待ち状況は5000件を超え、スピードを持って進めることを要請する。 与党PTとして原爆症の症例拡大として「肝機能障害」を第1次認定疾病に追加すべきとの検討をする。……つづきを読む