公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.726

てんかん医療を聞く/大槻医師 早期の発見・治療が重要/党厚労部会など

 <これまでの活動記録>  公明党の厚生労働部会(渡辺孝男部会長=参院議員)と障害者福祉委員会(高木美智代委員長=衆院議員)は20日、衆院第1議員会館で合同会議を開き、てんかん医療の現状と課題について国立精神神経センター武蔵病院の大槻泰介・脳神経外科部長から話を聞いた。渡辺部会長、高木委員長、山本博司参院議員が出席した。  てんかんの患者は全国に約60万~100万人いるとされている。このうち、抗て……つづきを読む

No.725

委員会質疑から/介護保険法改正案を可決/山本(博)、渡辺氏 人材確保、待遇改善迫る/参院厚労委

 <これまでの活動記録>  20日の参院厚生労働委員会で、介護サービス事業者の不正事件の再発防止を明記した介護保険法・老人福祉法改正案と、介護職員確保と待遇改善が柱の介護従事者等処遇改善法案が全会一致で可決された。  採決に先立って行われた質疑で公明党から山本博司、渡辺孝男の両氏が質問に立った。山本氏は、介護人材の確保に関して、「教育機関の定数割れが続いている」と指摘した上で、「若い人たちが希望と……つづきを読む

No.724

目黒の支部会で懐かしい方々との交流(東京都)

国対役員会の後、議院運営委員会・全議員総会そして本会議が開催された。昨日厚生労働委員会での「介護従事者の処遇改善法案」や宇宙基本法など7本が可決、成立した。 午後からは日本離島振興センターの渡辺事務局長達が来訪。来週28日沖縄久米島で開催される離島総会開催について打合せを進める。公明党を代表して参加の予定である。     さらに、厚生労働省から「ものつくり白書」「母子家庭白書」についての説明や「介……つづきを読む