公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.442

抜本的見直しめざす/障害者自立支援法 施行状況確認し議論/与党PTが初会合

 <これまでの活動記録>

与党・障害者自立支援に関するプロジェクトチーム
 自民、公明の与党・障害者自立支援に関するプロジェクトチーム(PT、木村義雄座長=自民党)は23日、衆院第1議員会館で初会合を開き、障害者自立支援法の施行状況について、厚生労働省から説明を受け、意見交換した。
 公明党側からは、福島豊社会保障制度調査会長、渡辺孝男厚生労働部会長、高木美智代同PT座長代理、山本博司参院議員が出席した。
 同PTは、自民、公明両党の連立政権合意を受け設置された。今後、障害者自立支援法の「抜本的な見直し」をめざし、議論を進める。
 会合では、障害児がいる家庭の負担や世帯分離、福祉人材の流出などの問題について、意見交換を行った。

 (2007年10月24日付 公明新聞より転載)



コメント