公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.386

年内にも新救済策提言/原爆症認定基準見直し 在外被爆者対策など/与党PTが初会合

 <これまでの活動記録>  与党原爆被爆者対策に関するプロジェクトチーム(PT、河村建夫座長=自民)は11日、衆院第1議員会館で初会合を開き、原爆症認定基準の見直しや在外被爆者への対応など、早期の救済策実現へ、年内にも提言を行う方針で一致した。公明党から同PT副座長の谷合正明参院議員、江田康幸衆院議員、木庭健太郎、浮島智子、山本博司の各参院議員が出席した。

No.386

安倍首相辞意表明にびっくり、激動の政治に。(東京都)

本日も朝、定例の参議院控室で公明党国対役員会に参加。明日からの参議院本会議での代表質問等のスケジュールを確認した後、参議院議員会館の部屋に戻ったところ、突然の安倍総理の辞意表明が飛び込んでくる。ただ突然でびっくりする。戦後生まれ初の総理で同年代でもあり親近感があっただけに残念である。「海上自衛隊のインド洋海上給油継続への局面打開の為に」との理由であるという。なぜ今辞めるのか。理解しがたい部分がある……つづきを読む