公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”農業” がつけられた記事

No.7175

斉藤農水大臣、谷合副大臣へ!愛媛県国営3事業の「南予用水」・「道前平野」・「道前道後用水」の要望(東京都)

愛媛県国営3事業の「南予用水」・「道前平野」・「道前道後用水」の要望活動で農水省へ。(17日) 谷合正明副大臣、斉藤農水大臣とお会いし、要望内容をお話しました。愛媛県選出自民党国会議員と同席。 参加者は、「南予用水地区国営施設機能保全事業協議会」 会長 大城一郎八幡浜市長、副会長 岡原文彰宇和島市長、「道前平野地区国営緊急農地再編整備事業推進協議会」道前平野土地改良区理事長玉井敏久(西条市長)、 ……つづきを読む

No.7055

愛媛の最南端愛南町・元気な農業に挑戦(有)河野園芸を訪問(愛媛県愛南町)

1日夕方愛媛県愛南町の地元農業で元気な企業(有)河野園芸を訪問。河野俊代表取締役と懇談。地元愛南町の坂口直樹町議、宇和島市の松本とおる市議・畠山博文市議が同行しました。 河野園芸には2007年に初めて訪問。みかんやねぎ等知恵と工夫で多くの地元の雇用に貢献されている姿に大変感銘を受けました。(2008年訪問の写真) 久しぶりの訪問で、さらに事業が拡大され、施設も拡充、雇用も28名に。ネギ単体で年間1……つづきを読む

No.7048

「農業を子どもの希望に!」若手農家でつくる「ミマメンファーマーズ」を視察(愛媛県宇和島市)

1日午後、愛媛県宇和島市三間町の若手農家でつくる「ミマメンファーマーズ」を視察。地元宇和島市の松本とおる市議・畠山博文市議・福原良夫鬼北町議らが同行。 ミマメンファーマーズは阿藤亮さんと高山英久さん、安波智延さん、奥山功典さんの4人が2014年7月に結成。人口が減少しつづける宇和島市をなんとかしたい、宇和島の風景を残したい、そんな思いで農業を通じで何かできないかを考える30代・40代の「若手農家グ……つづきを読む

No.6503

JAうま(うま農業協同組合)の篠原代表理事組合長らと意見交換(愛媛県四国中央市)

四国中央市にあるJAうま(うま農業協同組合)を地元国政まもる市議と訪問。篠原一志代表理事組合長・近藤善春、合田久常務理事等役員の方々と懇談。農業の課題と今後の農業振興について意見交換致しました。(17日) JAうまは、四国の中心に位置し、製紙業が盛んな地域・四国中央市にあります。「組合員への貢献と地域社会との共生」を経営理念とし、活動しています。組合員数14,431名 (うち正:5,088名 / ……つづきを読む

No.6223

香川県農業共済組合(NOSAI香川)田中組合長理事らと農業共済制度のあり方で意見交換(香川県高松市)

高松市内の香川県農業共済組合(NOSAI香川)を訪問。本年6月新体制となった田中孝博組合長理事・井下清誌参事と懇談。 農業共済制度の現状と今後について意見交換しました。 農業共済組合(のうぎょうきょうさいくみあい)とは、農業災害補償法に基づき農業災害補償制度を運営する農業団体であり、その管轄する区域内の農家が組合員となって運営する法人です。農家の方々が掛け金を出し合って、災害発生時に経営を支える農……つづきを読む

No.6044

佐渡視察・世界農業遺産の象徴「小倉千枚田」の復活(耕作放棄地解消)(新潟県佐渡市)

全国離島振興協議会(白川博一会長)のメンバーで佐渡市の東部小倉地区にある「小倉千枚田」を視察しました。(24日)小倉千枚田近くには国営事業による小倉ダムがあり、周囲は山に囲まれている自然豊かな地区です。 佐渡の代表的な棚田で、世界農業遺産の象徴である「小倉千枚田」は、機械化が進まないため休耕地や荒廃地となっていました。このため平成20年以降、千枚田復活のための支援を呼びかけたところ、多くの方々が米……つづきを読む

No.5795

「攻めの農業展開へ】出雲市宍戸湖西岸地区農村整備地区の方々と意見交換(島根県出雲市)

13日、出雲市内にて宍戸湖西岸地区農村整備推進協議会 多久和修一会長(平田斐伊川以北土地改良区理事長)・小田川康一郎副会長(農業法人オダガワ社長)出雲市布崎土地改良区 田中康義理事長ら土地改良組合の方々と懇談・意見交換をすすめました。公明党から斉藤鉄夫幹事長代行・谷あい正明参院議員、遠藤力一県代表(県議)、出雲市福島孝雄市議と共に伺いました。 【地区の現状】 宍戸湖西岸地域(灘分・西代・国富中村・……つづきを読む

No.5681

広島愛媛県人会総会・懇親会・ギノーみそ田中社長の講演(広島県広島市)

広島愛媛県人会総会・懇親会が20日夜、広島市内で開催されました。総会前に義農味噌(ギノーみそ)(株)田中 正志社長の特別講演。 愛媛県松前町に本社があり、創業昭和28年のギノーみそ。 現在に至るまで「売る商品ではなく、自分が食べるものを創れ」という基本方針を貫いてきました。この方針は創業者である現会長の田中義一から受け継がれたもので「義農精神」と呼ばれています。伊予みその生みそ・調理みそから即席み……つづきを読む

No.5672

健康に良い「えごま」を地域ブランド化へ!「奥出雲中村ファーム」視察(島根県奥出雲町)

島根県奥出雲町を地元内田勇町議とまわりました。(株)奥出雲中村ファームを視察。(14日)えごまの栽培・乾燥・搾油などえごま油(オイル)に製品化される工程を見学しました。 えごま畑はほとんど刈り取られており一部残っていました。ゴミの選別・乾燥作業を終えた実が搾油機でえごま油となります。 奥出雲町のえごまは搾油の時に焙煎しないのが特徴で、人が生きていく上で必要な必須脂肪酸のαーリノレン酸が豊富に含まれ……つづきを読む

No.5658

「ミカン農家の働き手確保へ!」地方創生先行型交付金の活用・「みかんの里宿泊・合宿施設(マンダリン)」完成記念式典(愛媛県八幡浜市)

ミカン農家のアルバイトやIターンでの就農を目指す人たちを迎え入れる宿泊・合宿施設が故郷八幡浜市に完成。その完成記念式典に出席しました。(12日) 施設名は「みかんの里宿泊・合宿施設」(愛称・マンダリン)。閉校となった舌田小学校の校舎を活用して、八幡浜市が整備。地方創生の先行型交付金を活用。地元の西宇和農協が運営します。 完成記念式典では、主催者である大城八幡浜市長の挨拶の後、来賓としてお祝いの挨拶……つづきを読む