公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”地方自治” がつけられた記事

No.9792

「多世代交流福祉プラザ施設整備の要望」谷川宇多津町長・JA愛媛中央会の要望(東京都)

香川県宇多津町の谷川俊博町長が国会事務所に訪問。(19日) 「『宇多津町南部地区多世代交流福祉プラザ施設整備』に関する経費にかかる地方創生拠点整備交付金の経費の財源措置」の要望を伺いました。 施設整備について、今後予定される令和2年度第3次補正における地方創生拠点整備交付金を活用するためにも、財源措置の強い要望です。 子育て支援や高齢者も利用できる多世代交流拠点は大変大事です。応援してまいります。……つづきを読む

No.9701

竹原市大川議長らが国会事務所に来訪(東京都)

22日広島県竹原市の大川弘雄議長、堀越賢二副議長らが国会事務所に来訪。 下記内容の要望書を持参され、意見交換。 財政措置の拡充 過疎地域の指定要件の見直し 新型コロナ対策における財政措置の確保拡充など

No.8950

全国市長会会長の福島県 立谷相馬市長、副会長の大西高松市長、久保田宇部市長ら要望活動(東京都)

全国市長会会長の福島県 立谷秀清相馬市長、副会長の大西高松市長、久保田宇部市長らが要望活動。 山口代表、斉藤幹事長ら衆参国会議員が伺いました。 市長会の要望は下記内容です。 1.東日本大震災からの復旧・復興及び福島第一原子力発電所事故からの復興等 2.「国土強靭化、防災・減災対策等の充実強化」 3.「地方創生の推進・分権型社会の実現」 4.「都市税財源の充実強化」 5.「持続可能な社会保障制度の構……つづきを読む

No.8383

徳島知事選で5選を果たした飯泉徳島県知事と懇談(山口代表と)(東京都)

公明党の山口那津男代表は11日、国会内で、4月7日投開票の徳島知事選で5選を果たした飯泉知事の表敬を受け、懇談しました。 党四国方面本部長の石田祝稔政調会長・谷合正明参議院議員・佐藤茂樹選対委員長と共に党四国方面副本部長として同席しました。 消費者庁移転、地方創生などで、意見交換。

No.8190

四国の最南端・伊方町の高門町長と懇談(愛媛県伊方町)

21日、八幡浜駅前の街頭演説を終えて、伊方町庁舎へ。高門清彦町長・濱松為俊副町長と懇談。 伊方町は、愛媛県の南予地方・四国の最西端、佐田岬半島に位置し、四国電力伊方発電所のある町です。人口8836人(2018年10月)。 伊方町の交流活性化・道の駅、観光など意見交換。伊方町の発展にお役に立てるよう、取組んでまいります。

No.7886

「神話とロマンの里」奥出雲町の勝田町長が国会事務所に来訪(東京都)

26日、島根県奥出雲町の勝田康則町長が国会事務所に来訪。9月9日の町長選挙で再選され、御礼の挨拶で来られました。奥出雲町(おくいずもちょう)は、島根県の東部、仁多郡の町で人口12,220人(2018年4月現在) 良質な砂鉄がとれたこの地では、「たたら」による鉄づくりが盛んに行われていました。かつて、砂鉄を得るため山を削った跡が、この広く緩やかな耕地の正体。先人たちは、採取跡地を荒廃させることなく、……つづきを読む

No.7715

「谷川としひろ氏香川県町村会長就任祝賀会」で挨拶(香川県宇多津町)

22日夜、香川県宇多津町にて「谷川としひろ氏香川県町村会長就任祝賀会」が盛大に開催され、来賓として挨拶しました。 宇多津町は、日本一面積の小さな香川県の中でも、面積8.10k㎡の一番小さな町。しかし最も人口密度が高く、近年、北部の瀬戸内海に面する塩田跡地だったところは整備され、商業、観光施設が立ち並び、賑やかで若々しい、とても便利で都会的な街に生まれ変わり、県下随一の経済発展と人口増加を誇る町とな……つづきを読む

No.7652

坂出市 綾市長と地方自治の課題で意見交換(東京都)

26日、香川県坂出市の綾宏市長が国会事務所に来訪。「全国市長会決議」「ネクストステージに向けた都市自治体の税財政のあり方に関する特別提言」を持参され、市長会の決議・提言を伺いました。また坂出市の防災減災対策、港湾、産業など市政の課題や今後について意見交換しました。

No.7565

「香川県知事選で推薦の浜田香川県知事が表敬」山口代表と懇談(東京都)

16日午後、香川県浜田恵造知事が公明党参議院控え室に来訪。山口代表と共にお会いしました。 香川県知事選(8月26日投開票)3期目に挑戦される浜田氏。公明党が推薦決定した御礼と共に香川県政について意見交換。地方創生、産業の活性化、香川産品、観光、防災・減災など現状とビジョンを伺いました。 浜田知事は県内で進む人口減少問題を解決するために「若者が定住する社会づくりが必要」と強調。また南海トラフ地震対策……つづきを読む

No.7564

「幼児教育の無償化で財政支援を訴え」石田政調会長らに中核市長会(東京都)

14日夕方、公明党の石田政調会長と共に、衆議院第2議員会館にて、中核市市長会(会長:伊東香織倉敷市長)から「平成31年度国の施策及び予算に関する提言」について、要望を伺いました。 太田副会長(豊田市長)、2人の監事(清水いわき市長、稲村尼崎市長)、川合川越市長と地元高松市の大西市長が出席。 中核市は現在54市。(四国は高松市、松山市、高知市の3つ、中国は倉敷市、鳥取市、松江市、呉市、福山市、下関市……つづきを読む