公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”原爆症” がつけられた記事

No.7495

原爆被害者の院内集会で挨拶(東京都)

18日、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)、ノーモア・ヒバクシャ訴訟全国原告団・全国弁護団などが主催する院内集会が開催。 「裁判の全面解決・原爆症認定制度の抜本的改善」を掲げた集会に公明党原爆被害者対策委員会事務局長として出席・挨拶しました。谷合正明委員長も出席。 「裁判の全面解決・抜本的改善について、被爆者の方々が高齢化している現状を踏まえ、平成21年の確認書の趣旨を念頭におきつつ、出来る……つづきを読む

No.6836

「核なき世界を共に!」日本被団協が要請(党合同会議)(東京都)

公明党の原爆被害者対策委員会(委員長:谷合正明参院議員)と厚生労働部会(部会長:桝屋敬悟衆院議員)は8日、参議院議員会館で合同会議を開催。 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)から、核兵器の禁止・核廃絶などに関する要請を受けました。 日本被団協側は、日本政府が核廃絶の先頭に立つよう主張。原爆症認定制度の改善や、被爆者および被爆2世・3世に対する援護施策の充実など訴えられました。 7日に事務局長……つづきを読む

No.5471

被爆70年・広島原爆の日②核兵器のない世界へ!「広島県原爆被害者団体協議会 原爆死没者追悼慰霊式」「広島県動員学徒等被害者の会  第59回原爆追悼式」に参列(広島県広島市)

「広島県原爆被害者団体協議会 原爆死没者追悼慰霊式」に山口代表・斉藤幹事長代行・谷合参議院議員と共に出席しました。 広島県被団協理事長・日本被団協代表の追悼のことばの後、来賓代表として山口代表があいさつ。 「被爆から70年が経過し、あらためて原爆死没者の皆様の御霊に心から哀悼の意を表します」と述べた上で重要な会議を広島・長崎で開催する意義に関して「世界の指導者に被爆の実相を自ら経験してもらうことを……つづきを読む

No.5470

被爆70年・広島原爆の日①「平和祈念式典」核廃絶・世界恒久平和を誓う(広島県広島市)

原爆を投下されて70年となる原爆の日。広島市中区の平和記念公園で犠牲者を追悼する式典に参列しました。 6時15分から原爆供養塔前での広島戦災供養会主催の原爆死没者慰霊行事に参列。 その後、8時から「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(平和記念式典)」へ。 被爆者や遺族の方々5万5千人が参列。 全国の被爆者の平均年齢は、80.13歳と、初めて80歳を超え、体調面に配慮して、平和記念式典の会場には……つづきを読む

No.5362

「被団協が原爆症認定の改定を求める!」公明党原爆被害者対策委員会合同会議にて(東京都)

公明党の原爆被害対策委員会(委員長:谷合正明参議院議員)と厚生労働部会(部会長:古屋範子副代表)は11日参議院議員会館で合同会議を開き、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)から原爆被害者に対する支援の要請を受けました。日本被団協側は、被爆者が高齢化し、死没者が増えている現状を訴え、原爆症認定のあり方を改訂する事など求めました。

No.4767

被爆69年・広島原爆の日② 広島県原爆被害者団体協議会 原爆死没者追悼慰霊式(広島県広島市)

原爆死没者追悼式(被団協)1/原爆死没者慰霊式典(広島県被団協)2 「広島県原爆被害者団体協議会 原爆死没者追悼慰霊式」に山口代表・斉藤幹事長代行・谷合参議院議員・濱村衆議院議員と共に出席しました。 広島県被団協理事長・日本被団協代表の追悼のことばの後、来賓代表として山口代表があいさつ。 動員学徒等前での原爆追悼式 また「広島県動員学徒等被害者の会 第58回原爆追悼式」にも出席し、献花。追悼の祈り……つづきを読む

No.4323

娘とのクリスマス会(東京都)

公務の合間をぬって、娘のクリスマス会に妻と共に参加しました。 年末年始を中国・四国地域を中心にまわるので、娘との時間がもてないので、本日一緒の時間を過ごしました。 サンタさんや楽しい音楽が流れる中、飛び跳ねる娘の後を追いかけながら・幸せのひと時でした。

No.4292

日本原水爆被害者団体協議会(被団協)からヒアリング(東京都)

公明党原爆被害者対策委員会・厚生労働部会合同会議が開催されました。(29日) 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)より「原爆症認定制度のあり方について」ヒアリングを行い、意見交換。 日本被団協の田中事務局長から挨拶の後、原爆症認定集団訴訟全国弁護団連絡会 宮原事務局長(弁護士)から「検討会報告書案に対する対案提出について」。 集団訴訟全国原告団長(東友会業務執行理事)山本氏等から「東友会が行った被……つづきを読む

No.4272

全国みかん生産県議会議員対策協議会 総会(東京都)

全国みかん生産県議会議員対策協議会の総会に参加。 全国17県のみかん生産県の方々が出席。四国からは愛媛・香川・高知・徳島、中国は、広島・山口県。 総会では、対策協議会の浅井会長(和歌山県)の挨拶の後、議事が進行され、「かんきつ産地の体質強化に関する提案について」などかんきつ産地の支援など意見交換を進めました。

No.4241

原爆被爆者の支援拡充へ!在外被爆者への医療費支給・被爆者認定見直し(東京都)

公明党原爆被爆者対策委員会(谷合委員長)厚生労働部会(古屋部会長)の合同会議が開催されました。(31日) ①在外被爆者医療費支給に関する地裁判決 ②被爆者認定の見直し状況について      厚労省より説明を聞き、意見交換。 10月24日、大阪地裁は日本に在住していない事を理由に、韓国在住の被爆者が被爆者援護法に基づく医療費支給を受けられないのは違法との判決が出されました。在外被爆者への医療費支給の……つづきを読む