公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”副大臣” がつけられた記事

No.9867

厚労副大臣の活動④「厚労職員へのねぎらいメッセージ」(東京都)

24日夕方、厚労省省議室にて、新型コロナウイルスの対応や臨時国会での法案審査、予算編成など厚生労働行政の推進に昼夜を問わず対応してくれている職員の皆様に田村大臣ら政務3役から ねぎらいのメッセージを伝えさせていただいました。 省議室には大臣等と直接話す機会の少ない若手の職員の代表が参集。大臣等政務からのメッセージと共に4名の職員代表から日頃の業務の実情や自身の思い等の発言がありました。 夫々コロナ……つづきを読む

No.9862

副大臣の活動⑤「第19回アドバイザリーボード」(東京都)

22日18時から新型コロナ対策を検討する厚生労働省の専門家会合の「第19回アドバイザリーボード」に田村大臣と共に出席。 座長の国立感染症研究所 脇田隆字所長、地域医療機能推進機構の尾身茂理事長など有識者から現在の感染状況の分析・評価・対策等話し合われました。 特に英国における新型コロナウイルス変異種の現状認識と対応なども議論されました。

No.9861

副大臣の活動①岩手県奥州市の小沢市長らと過疎法・地域医療などで懇談(東京都)

岩手県奥州市の小沢昌紀市長、公明党の阿部加代子市議らが国会事務所へ。(24日) 「新たな過疎対策法の制定に関する要望書」について、一部過疎地域として指定されている江刺地域が引き続き指定される事などの内容です。 地域医療等についても意見交換致しました。

No.9860

副大臣の活動②国土交通員会で答弁・東海大学医学部高橋先生とのオンライン会議(東京都)

国会は閉会していますが、23日午前中は、衆議院の国土交通委員会が開催され、立憲枝野代表の質問に答弁に立ちました。 夕方からは東海大学医学部 高橋英孝教授らとのオンライン面会。高橋先生とは、2018年に八王子の東海大学医学部を視察しています。 「聴覚障がい者が健常者と同様に医療を受ける為には?」東海大学医学部高橋先生と懇談(東京都八王子市) 「コロナ禍における生活習慣病対策」特にオンライン診療で自己……つづきを読む

No.9854

副大臣の活動①(株)フィリップス・ジャパン堤浩幸社長らと意見交換(東京都)

22日午前、「企業担当制」の対象企業に選定されている(株)フィリップス・ジャパンの堤浩幸社長らが厚労省へ。「企業担当制」とは、日本に重要な投資をした外国企業に対し、副大臣を相談相手につける制度。 フィリップス社から事業の概要及び取組事例について説明があり、意見交換致しました。 フィリップス社は、ヘルスケア、パーソナルヘルス、コネクテッドケアおよびヘルスインフォマティクス分野のリーダーとして、125……つづきを読む

No.9851

副大臣の活動:参議院内閣委員会で答弁(東京都)

国会は閉会中ですが、本日も参議院内閣委員会が開催。公明党石川ひろたか参議院議員の質問の答弁に立ちました。(17日) 新型コロナウイルスのワクチン接種についての質問。「より幅広い人に柔軟に受けてもらうことが極めて重要」との観点から、土日・夜間や勤務地さらには、住民票のない方への接種についての内容でした。 この日も副大臣室には、「公明党の不払い養育費問題対策PT」の衆参国会議員の要請活動。埼玉県知事と……つづきを読む

No.9760

本日の副大臣の活動「オンラインセミナービデオ撮り・厚労省改革実行チーム省議」(東京都)

9日は終日、厚労省にて副大臣室での要望活動や事務説明・レク。また田村大臣等、政務3役勢揃いでの省議室で「第4回厚労省改革実行チーム」も開催。 さらに副大臣室で公民連携Dチャンネルの第17回「WITHコロナの公民連携とはなにか」のオンラインセミナーの挨拶のビデオ撮りを行いました。 国土交通省が後援で主催は大和リース(株)。森川年人取締役東京支店長、立花弘治課長らも来訪され、懇談も。 新型コロナの感染……つづきを読む

No.9753

副大臣の活動①副大臣会合・厚労委員会での所信決意・総務委員会の答弁(東京都)

朝8時から総理官邸での第2回副大臣会合から本日(12日)のスタート。新型コロナウイルス感染症の状況について報告。 10時からの参議院厚生労働委員会。副大臣として所信の決意を述べさせていただきました。 終了後すぐ衆議院総務委員会に移動。新型コロナ対策の医療体制について答弁に立たせていただきました。 大変大事な時期です。緊張感をもって臨んでまいります。

No.9712

副大臣室に来訪①「西日本豪雨災害からの復興・給食センターなどの完成」 愛媛県西予市菅家市長(東京都)

29日夕方、愛媛県西予市 菅家一夫市長が副大臣室に来訪。 平成30年7月の西日本豪雨災害で被災したせいよ東学校給食センターや野村保育所が新装なった嬉しい報告です。 完成直前の給食センターが屋根部分を残して水没し、壊滅的被害を受けました。 被災地をすぐ訪問し、国への要望活動を通じ、予算化され、場所を変えて完成の運びとなりました。大変に嬉しい限りです。

No.9612

宮城県のパーソナルサポートセンター(PSC)立岡常務理事が厚労副大臣室へ(東京都)

28日午前、一般社団法人パーソナルサポートセンター(PSC)立岡学業務執行常務理事が厚生労働省副大臣室に来訪。 新型コロナ禍の中、経済的に困窮された方々への相談支援などの現状と要望で仙台から上京されました。 一般社団法人パーソナルサポートセンター(PSC)は、様々な専門分野の団体(10団体)が集まり、設立された法人です。 様々な悩みを抱えた人たちに伴走型の支援を行い、就労と生活再建の手助けをしてい……つづきを読む