公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”うつ病・自殺対策” がつけられた記事

No.2781

うつ病対策の申入れ!「認知行動療法に関する診療報酬改定等」(東京都)

午前中、公明党うつ対策プロジェクトチーム(PT)として厚労省(小宮山大臣)に要請に伺う。 公明党から古屋座長・浜田参議院議員が参加。 「認知行動療法に関する診療報酬改定等についての申し入れ」 1.一定の研修及びスーパービジョンを受けたコメディカルが一定の研修を受けた医師の指導の下で行う認知行動療法も保険対象とし、チーム医療が可能なようにすること。 2.医師による通院精神療法には多様なマネージメント……つづきを読む

No.2761

認知行動療法のチーム医療整備へ!(うつ対策WT)(東京都)

「公明党・うつ対策ワーキングチーム」が開催。 「認知行動療法のチーム医療体制の整備に向けた診療報酬の在り方」について、厚労省、認知行動療法センター大野センター長・西田事務局長よりヒアリング。 ・独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター  認知行動療法センター 大野裕センター長 ・こころの健康政策構想実現会議   西田淳志 事務局長 【ヒアリング内容】 ・年間自殺者12年連続約3万人 ・精神疾患……つづきを読む

No.2121

離島生活確保の生名橋、フェリー型旅客船「ゆげしま」を視察 (愛媛県上島町)

上島架橋整備事業 生名橋(いきなばし)を視察。 上島町の生名島と佐島を結ぶ橋長515㍍。平成23年2月開通予定で道路の舗装工事中。 後は岩城島と生名島を結ぶ岩城橋のみ。島民の生活利便性に必要なインフラ整備。要望実現に頑張りたい。 その後、フェリー型旅客船「ゆげじま」を視察。 平成23年2月予定の生名橋の開通後、弓削汽船が運航するフェリー利用者が減少する為に、上島町が「ゆげじま」を新たに建造し航路維……つづきを読む

No.2094

うつ病対策WT「臨床心理職の国家資格化推進へ」 (東京都)

うつ病対策WT(古屋座長)が開催され「臨床心理職の国家資格化問題」についてヒアリング・意見交換を進めた。 日本臨床心理士会の村瀬会長・奥村常務理事から説明をいただく。 チーム医療における臨床心理職の内容と今までの国家資格化の経緯と今後の動きを伺う。 ・2010年10月現在 「臨床心理士」は20,375名。医療保険領域では約6000名。 ・チーム医療における臨床心理士の重要な役割 ・本年に入り3団体……つづきを読む

No.2064

猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)見学(香川県高松市・善通寺市・丸亀市)

早朝、ことでん高松築港駅前の街頭演説からスタート。 「頑張って!」自転車に乗った男性から声をかけられ握手を求められる。元気をいただき、さらに力強く公明党の政策を訴える。 その後、高松市内・善通寺市・丸亀市を挨拶まわり。 丸亀市では、内田・福部市議と丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)を館長の案内で見学。 開館19周年記念日の本日全館観覧無料で大勢の方々が来場されていた。 特別展として「杉本博……つづきを読む

No.2037

こころの健康推進を日本の基本政策に!(東京都)

うつ対策WTで、『「こころの健康政策構想会議」の取組みについて』講演。 講師は、東京都精神医学総合研究所の研究員 西田淳志医学博士。 精神疾患を三大疾患と位置づけ、精神医療改革に取り組んだイギリスの事例やこころの健康政策構想会議での議論を紹介。 (イギリス事例) ・精神保健医療費1.5倍に。初期投資額2800億円 ・イギリスの精神保健改革10か年計画 ①専門アウトリーチの拡充など 危機解決在宅治療……つづきを読む

No.2017

中小企業、建設業を元気に/山口代表ら日商、日建連などと政策懇談/「政府は中小企業の声を聞かず」(全国中小企業団体中央会会長)

 <これまでの活動記録> 公明党の山口那津男代表は29日、現場の声を政策に反映させようと、日本商工会議所(日商)や全国中小企業団体中央会、日本建設業団体連合会(日建連)の代表と会い、中小企業や建設業界支援について要望を受けた。井上義久幹事長、東順治(団体渉外委員長)、松あきらの両副代表、石井啓一政務調査会長、斉藤鉄夫税制調査会長(幹事長代行)らが出席した。 このうち日商との懇談では、山口代表が「わ……つづきを読む

No.1990

公明党うつ対策WT「職場におけるメンタルヘルス対策」(東京都)

午後から、うつ対策WT(浜田座長)が開催。「職場におけるメンタルヘルス対策」について厚生労働省からヒアリングを受ける、意見交換。 1.労働者の現状 ・自殺者は年間3万人超・内3割が労働者。 ・自殺の原因は一番多いのは健康問題(15800人)だが、勤務問題理由は約2500人。 ・精神障がいなどの労災件数が増加 2.職場のメンタルヘルス対策の基本的な方向 ・プライバシーが保護される事 ・事業者にとって……つづきを読む

No.1864

『歯科医療の現状と課題』要望を伺う(東京都・香川県三豊市)

午前中の便で、品川駅から新幹線のぞみ号で岡山経由で高松へ。 車中からの景色。夏特有の積乱雲。東日本から西日本に移る毎、雲が多くなる。 社会保障関連の書籍・資料に目を通し研鑽にあてる。瀬戸大橋から見る瀬戸内海。いつも違う景色で新鮮である。 夕方高松から三豊市に移動。歯科医療について意見・要望など約2時間近く伺う。 歯の正常な咀嚼(そしゃく)機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療。技術革……つづきを読む

No.1838

『うつ対策としての「精神対話士」の活用を!』長木理事長の講演(東京都)

午後からの厚生労働部会で「高齢者医療制度や社会保険病院の今後について」ヒアリングと意見交換を行う。 また「うつ対策WT・女性局合同会議」が開催され『うつ対策としての「精神対話士」の活用について』財団法人メンタルケア協会・長木理事長の講演を伺う。 財団法人メンタルヘルス協会は1993年 慶應大学医学部出身の医師たちにより設立。開会にあたり北里会長から挨拶。 精神科医や臨床心理士がうつ病の治療の専門職……つづきを読む