公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.9858

副大臣の活動①「軽度の知的障がいの人たちの社会の中での支援の在り方について」意見交換(辻井先生・内山先生らと)(東京都)

23日、中京大学 辻井正次教授、大正大学 内山登紀夫教授、大塚晃先生、神戸学院大学心理学部 准教授 村山恭朗先生たちと厚労省障害部、法務省担当者と「軽度の知的障がいの人たちの社会の中での支援の在り方について」意見交換致しました。 知的障がい、特に軽度の知的障がいを持ちながら自分も気が付かずにホームレスや触法者になっている人も多くいる現状について、支援の在り方など研究者と行政の担当者と自由な形での意……つづきを読む

No.9857

厚労副大臣の活動③全原協竪山事務局長、ハンセン病家族訴訟弁護団大槻弁護士らと懇談(東京都)

全原協(ハンセン病違憲国賠訴訟全国原告団協議会)の竪山勲事務局長らが厚労省へ。(22日) 「鹿児島県鹿屋市にある国立ハンセン病療養所・星塚敬愛園の将来構想について」お話を伺いました。 その後、ハンセン病家族訴訟弁護団の大槻倫子弁護士らから「ハンセン病元患者家族補償金申請の件」についての要望を伺いました。 国の隔離政策の下で、厳しい偏見、差別を受けてきた、ハンセン病患者・元患者やご家族の皆様の苦しみ……つづきを読む