公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.9438

新型コロナの影響・調査①今治タオル・縫製産業の現状と要望(今治兼今治市)

今治市は今治タオル等の縫製加工の企業が多い地域。地場企業を訪問。今治タオルは、1894年に同市で初めてタオルを製造してから113年の歴史を誇る。品質の良さと豊富なデザインが人気を呼び、現在では、国内生産の約60%を占める全国一のタオル産地。 (有)真鍋 真鍋知社長を地元永井隆文市議と訪問。(20日)真鍋社長は永井市議の高校の同級生。 Tシャツやポロシャツ、タオルなど生活に密着した商品を製造。新型コ……つづきを読む

No.9437

 「離島・ひろしま等の地域おこしを通じ、後輩の村山さん等にアドバイス」古民家クラブ 山倉社長と懇談(香川県丸亀市)

19日午後、香川県の(株)山倉建設 山倉康平社長と古民家の金倉苑(丸亀市金倉町)にてお会いました。山倉社長は一般社団法人 古民家再生協会の香川第一支部の支部長・NPOおたすけネットワーククラブ事務局長なども兼務されています。2018年6月に設立した 一般社団法人 古民家クラブの中心者(理事)でもあります。 途中から高松市の一部過疎地域の塩江町で地域おこしを進めている一般社団法人トピカ 村山淳代表理……つづきを読む

No.9436

「地域共生社会の実現をめざして」生活支援センターデイジー開所へ!小林さんと意見交換(鳥取県湯梨浜町)

18日、湯梨浜町内の障がい者相談支援センター「サポートりんくす」を訪問。小林敦子管理者から事業の概要や要望等伺いました。 米田強美湯梨浜町議と2人の倉吉市議(鳥飼幹男、鳥羽昌明)が同行。現在、計画相談を4人の職員で300件近い相談を受けており、今後来年の報酬改定で相談支援事業の報酬UPを要望されました。 また8月3日に「生活支援センターデイジー」を開所の予定。レークサイド・ヴィレッジゆりはま福祉ゾ……つづきを読む

No.9435

「地域の実情にあった医療政策に関する要望書」高垣東広島市長からの要望(広島県東広島市)

17日、高垣広徳東広島市長から「地域の実情にあった医療政策に関する要望書」を頂きました。地元の東広島市竹川秀明市議・加根桂基市議、坂本百合子市議が同行。 【東広島市の現状と課題・取組み状況】 東広島市は、臨床研修病院が東広島医療センターのみである理由から、地域医療を担う医師の確保が他圏域と比べ非常に困難場状況。人口10万人当たりの従事医師数は広島県及び全国を大きく下回っている。 救急医療(小児医療……つづきを読む