公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

2020年6月の記事

No.9373

「新たな過疎法改正に向けて」島根県安来市 近藤市長と懇談(島根県安来市)

記事分類

29日朝、島根県安来市の市庁舎へ。近藤宏樹市長と「新たな過疎法の制定について」、現状と要望を伺いました。吉野和彦県議と地元佐々木厚子市議が同席。 安来市は、島根県の東部で鳥取県との県境で、どじょうすくいの安来節や足立美術館が有名です。人口約3万人7136人(2020年6月) 来年3月で期限を迎える過疎法について、新たな過疎対策法の制定の要望。中でも現在、安来市は過疎法の対象で市町村合併に関する特例……つづきを読む

No.9372

モノレール・米子鬼太郎空港から島根県松江へ(東京都・鳥取県・島根県松江市)

久しぶりに浜松町駅からモノレールで羽田空港へ。(28日)乗客は少なく、まだ閑散としています。 米子鬼太郎空港へ。鬼太郎空港からは、高速バスで島根県松江駅へ。 明日は島根県松江市、安来市、浜田市、益田市を廻り、知事・市長らと過疎地域の課題、要望など伺います。

No.9371

「中山間地域の担い手対策、過疎地域の支援等」北広島町の町議の皆さんと意見交換(広島県北広島町)  

26日広島県北広島町庁舎へ。北広島町議の皆さん(浜田芳晴副議長、湊俊文産業建設委員長、亀岡純一町議)と懇談。地元敷本弘美町議が同席。 亀岡町議とは愛媛県南予地域の出身で故郷八幡浜高校の同窓生でした。故郷の事で盛り上がりました。 北広島町は平成17年に芸北・大朝・千代田・豊平の旧4町が合併して誕生。1000m級の山々が連なる西中国山地の懐に抱かれ、豊かな耕地と四季の恵みに対する尊敬と感謝を表す伝統芸……つづきを読む

No.9370

「障がい福祉分野の慰労金」公明党ネットワーク力で対象拡大(合同会議でヒアリング)読書バリアフリー法の基本計画も(東京都)

厚生労働部会・文部科学部会・障がい者福祉委員会の 合同会議が25日午後、参議院議員会館で開催。 下記内容について、障がい福祉委員会委員長として挨拶。 ① 「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律」(通称「読書バリアフリー法」)の基本計画について、関係省庁よりヒアリング ② 新型コロナ対策(第2次補正予算)「障がい福祉の慰労金について」厚労省からヒアリング 読書バリアフリー法が昨年通常国会で……つづきを読む

No.9369

新型コロナ影響・調査 北広島町②障がい児・不登校児支援に取り組む駕屋ご夫妻と懇談(広島県北広島町)  

北広島町の(株)ゆたか 駕屋貴治社長・一般社団法人 Life 駕屋由加代表理事と懇談。地元敷本弘美町議が同席。(26日) (株)ゆたかでは放課後等デイサービスららぽーと千代田等5か所の放課後等ディサービスと介護事業(ショートスティ)を運営されています。 また一般社団法人 Lifeでは、不登校やひきこもりの児童の学習支援、居場所支援が出来る拠点の整備を検討されています。 新型コロナの第2次補正予算で……つづきを読む

No.9368

新型コロナ禍影響・調査 北広島町①地場企業の経営者と意見交換

26日午前、広島県北広島町の(株)サステックの松村社長夫妻らを訪問。地元北広島町の敷本弘美町議が同席。新型コロナ禍の影響など現状を伺いました。 ステンレスサッシの製造・販売の会社で新型コロナの影響で約4割の減収。現在資金繰りなど政府の支援策を検討中との事。外国人労働者の入国も中断。新型コロナが収束し、経済が立ち直る事を期待されています。

No.9367

地場企業(株)ウスイ電業を訪問「再生可能エネルギーで意見交換」(愛媛県新居浜市)

21日午後、新居浜市の(株)ウスイ電業を訪問。白石康貴社長等と意見交換。地元の新居浜市 高塚廣義市議、黒田真徳市議が同席。 再生可能エネルギーなどで意見交換。ものづくりの町・新居浜で事業に取り組む白石社長。志を持ち、夢にチャレンジの青年社長。応援してまいります。

No.9366

「過疎地域の光ケーブル整備・過疎法など」で北広島町の箕野趙町長らと懇談(広島県北広島町) 

26日午後広島県北広島町庁舎へ。箕野博司町長・中原健副町長らと懇談。地元敷本弘美町議が同席。 北広島町は平成17年に芸北・大朝・千代田・豊平の旧4町が合併して誕生。1000m級の山々が連なる西中国山地の懐に抱かれ、豊かな耕地と四季の恵みに対する尊敬と感謝を表す伝統芸能が人々の営みの中で受け継がれている町です。人口1万8327人(2020年5月現在)。  町長らと下記(過疎法、光ケーブル整備、県道整……つづきを読む

No.9365

過疎法改正めざし「公明党過疎地に関するPT」勉強会(東京都)

25日午後「公明党過疎地に関するPT」を開催。来年の過疎法改正に伴う、党内の勉強会4回目。PT座長として挨拶。 「次期過疎法における指定要件についての論点整理」について意見交換。みなし過疎や一部過疎の地域の現場を廻り、要望等伺ってきた点も含め、幅広い観点から討議。 過疎地域の支援・政策にしっかり反映できるよう取り組んでまいります

No.9364

「電話リレーサービス」の開発・運用会社 (株)妻鳥通信工業の妻鳥氏らと懇談(愛媛県新居浜市)

21日夕方、新居浜市内の(株)妻鳥通信工業の前社長の妻鳥圭史氏・太志社長を訪問。今国会で「電話リレーサービス」の法整備が実現した報告などで、意見交換致しました。 「電話リレーサービス」は耳の聞こえない人が、テレビ電話などでつながったオペレーターに手話や文字で「病院を予約したい」といった要件を伝えると、オペレーターが代わりに電話をかけ、同時通訳者となってコミュニケーションを手助けするサービスです。G……つづきを読む