公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9290

高齢者介護分野の補正予算②介護施設等における感染拡大防止対策に係る支援(東京都)

新型コロナウイルス感染により、高齢者介護分野も様々な課題と困難な状況が続いています。特に全国に緊急事態宣言が出され、利用者・事業所とも厳しい状況での生活になっています。公明党は新型コロナ感染症対策本部の中に「介護・障がい福祉支援検討チーム(座長:里見参院議員)」を立ち上げ、私もメンバーとなり、里見座長、三浦のぶひろ参議院議員と共に各高齢者介護団体や利用者から課題、要望をお聞きし、随時政府に提言や政策に反映しています。

成立した補正予算も公明党の主張が盛り込まれています。高齢者介護分野を紹介しながら、施策の推進と共にさらに未解決の課題への対応に望んでまいります。

【介護施設等における感染拡大防止対策に係る支援】

(事業概要)
・介護施設等において、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、都道府県が介護施設等へ配布する消毒液等の卸・販社からの一括購入、介護施設等の消毒・洗浄、高齢障がい者向けの感染症予防の広報・啓発、簡易陰圧装置・換気設備の設置に必要な費用を補助する。

(事業内容)
① 都道府県の消毒液等購入費(一般用マスク、消毒液等、介護施設等で自力で購入できない状況を踏まえ、都道府県が一括購入に必要な費用を補助)
② 介護施設等の消毒・洗浄経費(感染が疑われる者が発生した場合、施設内で感染が広がらないように、必要な費用の補助)
③ 地方自治体の広報・啓発経費
④ 介護施設等における簡易陰圧装置・換気設備の設置に係る経費

(補助対象施設)①~③は全ての介護施設 ④は入所系の介護施設等
(補助率) 国2/3 都道府県 1/3
(補助上限)①~③は設定なし(都道府県が認める額)④は1施設あたり 432万円×都道府県が認めた台数(定員が上限)
(補助実施主体)都道府県
(活用財源) 地域医療介護総合確保基金



コメント