公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

No.8792

第43回目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)(東京都目黒区)

高松から上京後、第43回目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)へ。 落語「目黒のさんま」にちなんだおまつりで、宮城県気仙沼市から届いた新鮮な「さんま」5000尾を、その場で焼いて無料で提供。熱々の焼きたてに大分県臼杵市特産のカボスを添えて、大変美味しいです。 友好都市である宮城県角田市、宮城県気仙沼市、石川県金沢市をはじめ、全国各地域の名産・珍味などの物産も販売。 菅原気仙沼市長、山田会長(目黒手を……つづきを読む

No.8791

マリンライナー号からの瀬戸大橋・瀬戸内海(香川県・岡山県)

15日早朝、高松駅を7時48分発のマリンライナー号で岡山駅へ。本日は新幹線のぞみ号で上京します。午後から都内を廻る予定です。 雄大な瀬戸大橋、穏やかな瀬戸内海に心癒されます。

No.8790

四国方面本部の機関紙購読推進委員長会(香川県高松市)

14日午後から四国方面本部の機関紙購読推進委員長会が香川県高松市の公明党県本部にて開催。 四国4県の機関紙購読推進委員長らとの意見交換会。各県の取組み状況と今後について、自由な意見を伺いました。また私自身の機関紙購読拡大の取組みを話す中で、今後の12月・1月の「機関紙拡大運動 集中期間」についても言及。 今後の党勢拡大・機関紙購読拡大に貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。

No.8789

「読書バリアフリー法」で文科・厚労省と意見交換「(「大活字文化普及協会」の方々と)(東京都)

読書バリアフリー法が本年6月成立。視覚障がいの皆様・支援者も大変喜ばれています。13日、「大活字文化普及協会」市橋正光事務局長、社会福祉法人 国際視覚障害者援護協会 新井愛一郎理事が国会事務所を来訪。 読書バリアフリー法を所管する文科省・厚労省の担当者と大活字、拡大図書などの法整備後の要望など意見交換。市橋事務局長らとは、2018年2月高木厚労副大臣、6月越智金融副大臣、2019年2月大口厚労副大……つづきを読む