公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.8224

『SNS等を活用した相談事業の導入について』浮島副大臣に要望(山口県議会 石丸・小泉県議らと)(東京都)

4日夕方、公明党山口県議会の石丸典子県議・小泉利治県議と共に文部科学省 浮島副大臣に『SNS等を活用した相談事業の導入について』要望書を届けました。
山口県代表の桝屋敬悟衆院議員も同行いただきました。

【要望内容】

『SNS等を活用した相談事業の導入に向けた指導・助言及び財政的支援』

{山口県の課題と今後の方向性}

  1. いじめを含め、様々な悩みを抱える児童生徒に対する相談体制の拡充は、相談に係る多様な選択肢を用意し、問題の深刻化を未然に防止する観点から、喫緊の課題であること。
  2. 若年層のコミュニケーション手段の変化等を踏まえ、音声通話や面談での相談に踏み切れない児童生徒の声を受止める体制の構築が求められていること。
  3. 国において、SNSを活用した相談体制の構築に向けた取組が進められていること。

これらの課題の解決と相談体制の拡充に向けての要望です。

浮島副大臣が一貫してSNS等を活用した相談事業を政府に求めてきた結果、平成30年度に30自治体が実施されています。

平成31年当初予算に新たな調査研究事業も含まれており、要望実現に向けて連携しながら進めてまいります。

浮島副大臣に要望
要望活動1
要望活動2
要望書


コメント